加藤住職のページ

 

和 顔 愛 語

にこやかに やさしく 
自分のできることからはじめましょう
 

 臨済宗妙心寺派 宝樹院
 (京成ユーカリが丘駅下車)

 
更新日 2021/01/04

ご一緒に新型コロナウィルスの早期終息を祈りましょう。

 

お寺の対策

○換気をします。≠密閉
○お経は和尚のみで読みます。≠密接
○座席は1間(6ft、1.8m)以上離します。≠密集 

坐禅会・写経会の追加対策

○マスク着用
○時間短縮
○茶礼無し

 

今こそ自分の行動を見つめ直しましょう。

さざんかの治療を
樹木医の高野光利さんに
お願いしました

佐倉市指定文化財『宝樹院のサザンカ』

伝 臼井興胤公お手植えの「さざんか」

今日の一転語 『

宝樹院第四十世住職の加藤泰裕です。
皆様のお役に立てれば幸いです。
住職の泰裕和尚

平成28年秋
藍綬褒章受章

妙心寺派傾聴士 

宝樹院

「臼井家中興の祖」臼井城主臼井興胤公により
1353年建立される。

副住職:加藤宗悦和尚
 

宗悦和尚

 

 加藤泰惇(たいじゅん)新命和尚
円覚寺専門道場、インド日本寺駐在僧を経て
円覚寺より令和元年7月1日帰山いたしました。

釈尊成道の地
ブッダガヤ大搭にて

 

峠坂泰鎮(たいしん)和尚
円覚寺専門道場より令和元年8月1日帰山し、
現在は京都妙心寺花園禅塾指導員に着任。
 

円覚寺
新緑呈茶席にて

 

宝樹院の境内

山門
明和4(1767)年建立

山門
 

五百羅漢
平成15(2003)年建立

五百羅漢
 

鐘楼堂
明和6(1769)年建立

鐘楼堂
 
 

さざんか
伝臼井興胤公お手植え

さざんか
 

観音堂
安永8(1779)年建立

観音堂
 

本堂
昭和43(1968)年再建

本堂
 

日々好日

日々、ご先祖様のご供養と
皆様の安寧をお祈りします。
 

お墓を見守る観音様

お墓を見守る観音様
 
 

お墓

境内墓地
 

永代供養塔

永代供養塔