日本勇魚取りの歴史(古代〜江戸時代以前)


  大昔の人たちは鯨をいつ頃から食べていたのだろうか? またいつ頃から鯨を捕り始めたのだろうか?
多くの疑問がわきます。日本では貝塚などの遺跡が発見され、色々と遺物が発掘・研究されております。

 縄文時代(約5000年前)の遺跡からは、他の獣類・魚類・貝類などとともに鯨の骨が掘り出され、
同時にその時使った石製銛や槍、鯨を解体するときに肉を切ったり皮を剥いだりする石器類が見つかって
います。この頃調理に使われた土器類、鯨の油がついて土器の破片なども発見されております。
数ヶ所の遺跡からは鯨の頭骨、脊骨をいくつも整然と並べたもの、他の獣類骨との混合配置などが見つ
かり、お祈り、お祭りに使われたといわれています。

舟に乗って鯨類を追いかける木をくり抜いた丸木舟も遺跡から掘り出されており、小型の鯨類のイルカを
入江に追い込み、網で逃げないように入江をふさぎ、銛を投げ槍で突いて捕獲、または浅瀬に追い込んで
捕獲していたものと考えられます。積極的な捕獲だったとも云われています。

鯨を食べることはもちろん、鯨の皮から油を煎ってとり、肉は干したり、塩干しにしたりした鯨製品が
交易品として山地にも運ばれたようです。貝塚の大量の貝類出土は貝に塩をして干し『塩干貝』にし、山地
の人々との交流、交換に使われ、塩分補給に役に立ったのではないでしょうか。鯨の骨も色々と利用され
臼・台、容器、土器を作る轆轤(ろくろ)、木の実をすりつぶす器具、道具を作る材料に使われて、九州の
山間部でも鯨骨・鯨底圧痕土器が発掘されており、交易品だったと考えられます。現在と同様に、
日本では鯨体有効利用が行われて鯨は『エコ鯨』だったわけです。

 下って弥生時代(0〜300年)になると壁画や土器、骨に「鯨」や「捕鯨の様子」を書いたり、彫刻
したものが発見されております。多くの舟や、人々が数本の櫂を並んで漕ぎ、鯨のような形をしたものに
銛を投げて、鯨には数本の銛のようなものが刺さり、綱で舟とつなっがている。
まさに古代の捕鯨絵図と思われるものがいくつか発見されていて驚かされます。

 鯨の骨で作ったアワビオコシは九州西部地域に多く、骨製の銛、骨で出来た剣、ヤスのような刺突具
(銛)ものもあります。 古墳時代(300〜700年)から北海道のオホーツク文化時代(500〜1100年)と
いわれる時期にも彫刻された捕鯨の絵図が発見されており 奈良時代には「クジラ」の漢字の文字、文書
が書かれ、鯨情報も賑やかになっております。

 
主要事項 時代 場所 内容
ツグメノハナ遺跡
『石銛・鯨解体用石器』
『積極的捕鯨』
縄文前期〜中期平戸市
田平町
平戸の瀬戸に臨んだツグメノハナ遺跡からはクジラ、イルカ、サメなどの遺骨が多く出て、 銛に使ったと見られる石器約40点、解体に使ったと思われる皮はぎ石器も出土している。 これらの石器から平戸の瀬戸では積極的な捕鯨が行われていたと推測されている。 (くじらと日本人ーその歴史と未来ー:森浩一・小泉武夫)  
三内丸山遺跡
『鯨食』
縄文時代前期〜中期
(5500〜4000年前)
青森県 遺跡からは鯨やイルカの骨が多数発掘され、この時代から日本人は鯨を食べていた ことがわかる。
真脇遺跡
『大量のイルカ骨』
『鯨の油取り』
『頭骨の特殊配列遺構』
『石槍による捕獲』
縄文前期〜中期
(約5000年B.P)
石川県
能登町
石川県鳳珠郡能登町の真脇遺跡から大量のイルカの骨が出土している。イルカの頭骨 を並べた祭りの遺構や巨木遺構も見つかっており、イルカを食べていたこともわかる。 多くの骨が出土することから縄文人もイルカから油をとって『鯨油』が交易品で あったものと推定されている。油がついた土器破片も見つかっている。 追い込み網漁では捕獲しにくいカマイルカ骨がおおいので石槍による捕獲と考えられる。
鳥浜貝塚
『丸木舟』
『イルカ漁』
縄文期 福井県 福井県三方郡三方町の鳥浜貝塚ではイルカやクジラの骨が出土している。 また木をくり抜いた丸木舟も出土している。この時代は入り江に入り込んだイルカを 丸木舟で追い、網でふさぎ、石槍で突き捕っていたと思われる。 (捕鯨T 山下渉登著)
東釧路遺跡
『頭骨の配列・儀礼』
縄文時代
5000〜7000年前
釧路市 赤いベンガラで色をつけたネズミイルカの頭骨を並べた遺物も見つかっている。 縄文時代からクジラ・イルカは儀礼に使われていたものと見られる。(捕鯨T 山下渉登)
井戸川遺跡
『椎骨の配列・儀礼』
縄文時代
5000〜7000年前
伊東市 静岡県伊東市の遺跡ではクジラの椎骨が並べられている獣骨儀式の跡がある。 豊漁祈願や感謝の儀式のものと考えられている。
元町貝塚
『鯨の顎骨』
縄文時代 横浜市 横浜市中区の元町貝塚から鯨の顎骨が出土している。漂着した鯨と思われるが、 骨の状態から鯨を解体して食べた後の骨ではないかといわれています。
称名寺貝塚
『鯨食』
縄文時代 横浜市 鯨の椎骨が横浜市金沢区の称名寺貝塚から出土。漂着した鯨を食べた後と思われる。 椎骨は平らな形状なので、縄文時代には土器作りの轆轤の代わり、木の実をすりつぶ すのにも用いられています。
加曾利貝塚
『イルカ骨』
縄文時代 千葉市 加曾利貝塚は日本最大級の貝塚。貝殻が地表に氾濫し、小型鯨類の骨が出土して イルカを食べていたものと思われます。
稲原貝塚
『黒曜石突きイルカ』
縄文時代早期末
(9000年前)
千葉県 館山市の稲原貝塚で黒曜石片を伴うイルカの堯骨が出土している。イルカの前肢の付け 根に黒曜石の銛先が突き刺さっている。房総半島でイルカを取っていたことがわかります。
吉井貝塚
『鯨骨と銛頭』
縄文時代早期末 横須賀市 貝塚からイルカ・クジラの骨が銛頭と共に出土、すでに猟が行われていたと考えられる。
飛ノ台貝塚
『鯨骨と銛頭』
縄文時代早期末 船橋市 貝塚からイルカ・クジラの骨が銛頭と共に出土、すでに猟が行われていたと考えられる。 鯨類の椎体を利用した臼・台も出土。鯨骨が活用されていることがわかる。
九州西部域遺跡
『鯨骨痕跡の土器』
『キクメ石状土器』
縄文中期 九州西部 鯨の背骨をろくろ台として使い、土器底に鯨骨のキクメ石状の模様がついた土器や、 鯨骨が出土し、森浩一氏は肉以外に骨・油も広く交易していたのではと推測している。 土器を作る背骨の鯨種はナガス鯨・抹香鯨も混じっている。大型鯨の背骨の圧痕です。
函館市桔梗2遺跡
『土製品のシャチ』
縄文時代中期
4500年前
函館市 函館市の遺跡からシャチの土製品だ出土している(鯨 北海道開拓記念館第3回記念) 高く伸びた三角形のせびれは、まさにシャチの特長。海の王者としての風格を見せる土器。
花積貝塚 縄文時代中期 埼玉県 春日部の貝塚からイルカ、クジラの骨出土。
石神貝塚 9000年〜4000年前 川口市 川口市 貝塚からイルカ、クジラの骨出土。
大坪貝塚 縄文時代中期 富津市 貝塚から大型の銛頭が出土。
阿高貝塚
『鯨底』
縄文時代中期 熊本県 鯨底。土器の底部に残る凹凸は鯨の脊椎骨の椎体部の痕跡といわれ、轆轤として 椎体部が使用されていたことがわかりました。
月ノ木古墳 縄文中期・後期 千葉県 ナガスクジラの脊椎骨が出土
西広貝塚 縄文後期・晩期 市原市 鯨類の椎体を利用した臼・台が出土
東寺山貝塚 縄文・古墳〜中世 千葉市 鯨の脊椎骨が出土
船越鉈切神社 縄文時代後期 館山市 鉈切洞窟。イルカの骨37頭分が出土
佐賀貝塚 縄文時代後期 長崎県 対馬、鯨の骨を使った道具が出土
ミルメ浦遺跡 縄文時代後期 長崎県 壱岐市、鯨の骨を使った道具が出土
カラカミ遺跡
『鯨骨アワビオコシ』
『鯨伏村(いさふしむら)』
『骨角器』

弥生時代
0〜300年
長崎県 壱岐市「カラカミ遺跡」は市町村合併前の「鯨伏村(いさふしむら)」で弥生時代の大遺跡 です。カラカミ遺跡は、今から1700年前の弥生中期から後期にかけてのもの。 原の辻遺跡よりも後に始まる環濠集落です。 この遺跡から『鯨骨で作ったアワビオコシ』が出土している。 クジラ、シャチの肋骨で作った銛やアワビオコシ、骨でできた剣など 数多くの骨角器が出土している。シャチに追われ入り江に逃げ込んだ 鯨を捕獲していたと考えられます。(くじらと日本人ーその歴史と未来ー森浩一)
串島遺跡 弥生時代 長崎県 長崎県東彼杵郡松島では鯨骨製品が出土。
大浜遺跡 弥生時代 長崎県 福江市、鯨骨製品が出土
大米古墳
『捕鯨線刻画』
弥生時代 長崎県 壱岐市郷ノ浦、線刻画に帆走したり、櫂で進む数隻の船と涙滴形の鯨に数本の銛が 刺さった絵があり捕鯨図ではないかと言われている
貝塚古墳群
『鉄製銛出土』
弥生時代 北九州市 鉄製の銛先が出土し、鉄製の銛が鯨捕りに使われた可能性があります。
加部島御手洗古墳 弥生時代 佐賀県 唐津市呼子、鉄製の銛先が出土し、鉄製の銛が鯨捕りに使われた可能性があります。
原の辻遺跡
『鯨骨アワビオコシ』
  『ヤスのような銛』
  『捕鯨線刻絵画土器』
弥生時代 長崎県 壱岐市「原の辻遺跡(ハルノツジイセキ)」弥生前期末(約2,200年前)から古墳時代 初めまでを中心に約500年続いた大環濠集落跡。「原の辻遺跡」からは、弥生時代の クジラ骨を素材とした色々の骨角器が出土しています。 @「アワビオコシ」は、クジラ類の肋骨を素材とし、全長36a、最大幅46aもあります。 A「ヤスのような刺突具(銛)」は、イルカ類の下顎骨を素材とした20aを 超える大型のものです B墓地から出土した甕棺(かめかん):土器には、捕鯨の模様が線刻されています。 捕鯨関係者の墓ではないかといわれ、捕鯨のときの安全と豊漁を祈って描かれたもの の様です。
吉母浜遺跡
『鯨骨アワビオコシ』
弥生時代 山口県 下関市、鯨の骨で作られたアワビオコシが出土している(捕鯨T 山下渉登著)
綾羅木郷遺跡
『鯨骨アワビオコシ』
弥生時代 山口県 下関市、クジラの骨、鯨骨製の銛、アワビオコシ等が出土している
六連島遺跡
『鯨骨アワビオコシ』
弥生時代 山口県 下関市、クジラの骨、鯨骨製の銛、アワビオコシ等が出土している
夜臼遺跡
『鯨骨アワビオコシ』
弥生時代 福岡県 福岡県糟屋郡新宮町で鯨の骨で作られたアワビオコシが出土している (捕鯨T 山下渉登著)
鬼屋窪古墳
『捕鯨線刻壁画』
6世紀
古墳時代
(300〜700年)
長崎県 壱岐市、6世紀の横穴式石室の側面に当時のクジラ漁の様子を描いた線刻が残って います。線刻は三日月状の舟に多くの櫂(オール)が描かれてあり、1艘(そう)ではなく、 9艘描かれていることから集団でクジラ漁を行っていたことがわかります。 クジラと思われる大魚に縄をつけ、片側7本の櫂で進む船が引いていて、大魚には2本の 銛が刺さっているようにみられ、大魚の下に小さな魚が描かれ親子鯨ともみられる。
常陸国風土記
『クジラ・クジ』
『鯨鯢(げいげい)』
奈良時代
(710〜794)
久慈国 久慈郡の南にある丘に「体、鯨鯢(げいげい=くじら)に似たり。倭武天皇が久慈 と名付けた」とあり、この頃、クジもしくはクジラの発音がありまた。 クジラの雄を『鯨』、雌を『鯢』という。雄は魚の傍が大きいから「京」で鯨と書く、 雌は魚の傍が児、子鯨がいつも一緒にいる、腹に胎児を持っていることからで鯢と書く。 (くじらと日本人ーその歴史と未来ー森浩一・小泉武夫)
壱岐国風土記
地名『鯨伏郷』
『伊佐』『鯨』
奈良時代
(710〜794)
壱岐国 「鯨伏郷(いさふしごう)、昔、?鰐(わに)、鯨を追いければ鯨走り来て隠れ伏しき。 故(かれ)、鯨伏という。鰐と鯨、竝(ならび)に石と化為れり。 (俗、鯨を云いて伊佐となす)」という文章が壱岐国風土記にあります。 倭語のクジラが「イサ」であったことがわかる。 古くから壱岐ではシャチをワニといっていたそうです。シャチが鯨を追うお話です。 昔話「因幡の白兎」にもワニは登場します。ワニはサメとも云われシャチ説もあります。 さらに、アイヌ語のワニはシャチではないかとも云われています。 (くじらと日本人ーその歴史と未来ー森浩一・小泉武夫)
万葉集
『イサナ』
奈良時代 「イサ」に魚をつけてイサナといい「勇魚」「鯨魚」と書いていました。 海の枕詞「勇魚取る」という言葉が使われた詩が万葉集に約10首ありますが、鯨は 主役ではなく枕詞という添え物です。
日本書紀
『区施羅』
奈良時代
(720年)
宇陀 日本書紀(にほんしょき、やまとぶみ)は、奈良時代に成立した日本の歴史書である。 日本における伝存最古の正史で、六国史の第一にあたる。舎人(とねり)親王らの撰で、 720年(養老4年)に完成した。神代から持統(じとう)天皇の時代までを扱う。 (フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』) 神武東征の説話の中に熊野からヤマトの寃田(宇陀)へ入った神武軍が土豪の饗宴 をうけた。そのときの歌の中に「区施羅」(日本書紀)が出ている。 宇陀は山間部のため鯨はいないと考えられるが、九州の中央「阿蘇」でも鯨骨の 発掘例もあり鯨が交易品として運ばれたとも考えられます。
古事記
『久冶良』
奈良時代
(712年)
古事記(こじき、ふることふみ)は、その序によれば、和銅5年(712年)太朝臣安萬侶 (おほのあそみやすまろ、太安万侶(おおのやすまろ))によって献上された日本最古 の歴史書。 古事記では「久冶良」と表記されている。(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)
利尻町亦稚貝塚
『鯨を描いた土器』
『鯨彫刻』
オホーツク文化期
500〜1100年
北海道 利尻町、土器は高さ15a、鯨類2頭と海獣8頭が描かれている。祭祀に使用された土器 とされるオホーツク式土器といわれる。(鯨 北海道開拓記念館第3回記念展) 角製品。トナカイの角に25頭の鯨、熊の頭部一つなどが写実的に彫刻されている。 アイヌ文化にみられる狩猟などの豊饒を願って作られた動物偶像。
トーサンポロ遺跡
『骨製針入れ』
オホーツク文化期 北海道 根室市、海洋に主な生業を求めたオホーツク文化は、回転離頭銛を使って捕鯨を行って いました。 大型鳥類の上腕骨を加工した針入れには、鯨が彫刻され、そこに銛が2本刺さった表現が みられる。壱岐の古墳の絵にも似ている。(鯨 北海道開拓記念館第3回記念展)
弁天島遺跡
『骨製針入れ』
オホーツク文化期 北海道 根室市、オホーツク文化人の捕鯨を物語る資料である。舟の先には銛を撃つ人、さらに櫂 命を漕ぐ人物6人、銛のひもをつかむ人物が描かれてる。クジラには銛が2本刺さっている。 がけの捕鯨の情景が表現されています。(鯨 北海道開拓記念館第3回記念展)
入江貝塚 オホーツク文化期 北海道 北海道虻田郡虻田町の入江貝塚でイルカや鯨類の骨が出土している。
香深井A遺跡
『鯨を並べた遺物』
オホーツク文化期 北海道 礼文島、鯨の頭骨を円形に並べ上に礫を積み、さらに上に大量の犬の骨をのせた遺物が 見られる。(捕鯨T 山下渉登著)
続日本紀 延歴4年
(785年)
千葉県 安房にイルカ500匹漂着とある。
日本紀略
『対馬の捕鯨』
『元享釈書』
『鯨油300樽』
延喜17年(917年)

  長久8年(1035)  
大宰府 大宰府からの報告「日本紀略」に対馬で鯨を捕る人がいたと報告されている。 壱岐、対馬、五島、平戸などでは江戸時代捕鯨が盛んであり、古代捕鯨が 6世紀〜10世紀に行われていたものと思われる。(捕鯨T 山下渉登著)
長久8年(1035)南紀・南牟婁郡有馬で長さ4丈8尺の大魚が上がり、油300樽を得たとある。 肉を食べたと書いていないが油をとったことだけが記録されている。(熊野太地浦捕鯨史)
大外記師遠記
『採油』
大治2年(1127) 肥前国 1127年に肥前に漂着した流れ鯨から人々が油をとり、体内から珠を採取して 献上したという記事がある。
吾妻鏡
『鎌倉で鯨油異臭』
鎌倉時代(1224) 相模
鎌倉
元仁元年5月相模の浦々に大魚が多く死んで浮き上がり三浦崎・六浦・前浜の間に 寄よってきて浜をいっぱいにした。鎌倉中の人がこの肉を買って煎って油をとった。 このため、異臭がただよったと書かれていて、油がとれること、油が換金できることを 知っていました。
日記「言継卿記」
『信長、天皇に鯨献上』
 
 
『鯨のタケリ美味』
 
『荒巻鯨』
 
室町時代
(1527〜1576年)
(1570年)
京都 京都のお公家さんであった山科言継の日記「言継卿記」(1527〜1576年)にも鯨の ことが書かれている。 1570年1月13日織田信長が天皇にクジラを献上した。その一部をおすそ分けして もらったと日記に書いています。 また言継卿は愛知県三河に行き、鯨のタケリ(ペニス)を食べてものすごく美味しかった とも書いています。 足利将軍家もクジラを食べている。伊勢の国の「新巻鯨」のことも書かれている。 文禄3年(1594年)秀吉、加賀前田中納言家で鯨をご馳走になる、と記している。
室町殿日記
『鯨一桶』
室町時代 室町殿日記公方家御台所御用目録に「鯨一桶」と記されている
親元日記 寛政6年(1465) 伊勢国「鯨新巻二十」とある。塩蔵加工した塩鯨。
四条流包丁秘伝書
『鯨は鯛鯉より美味』
『元親、秀吉に鯨献上』
室町時代(1489)
 
(1591年)
- 鯨は鯛や鯉より美味いと書かれている。室町時代の支配階級では鯨が調理され食べ られていることがわかる。 長宗我部元親(ちょうそがべもとちか)が豊臣秀 吉に土佐で捕れたコク鯨をまるまる 一頭献上したのが 1591年である。
小川島鯨鯢合戦
「鯨鯢(げいげい)」
江戸時代
寛政8年(1796)
肥前国 江戸時代の小川島鯨鯢合戦にも「鯨鯢(げいげい)」という言葉が使われている。 佐賀県小川島の盛んな捕捕りの様子を合戦に見立てて、絵巻として描いています。 捕鯨のわかりやすい解説書です。 (くじらと日本人ーその歴史と未来ー森浩一・小泉武夫)
盤亀台遺跡
『線刻鯨・捕鯨図絵』
青銅器時代
〜鉄器時代初期
韓国
蔚山郊外
動物を描いた壁画が見つかっています。鯨やイルカ、アザラシ、ウミガメ等の線刻画 が沢山見つかっています。大型のナガス鯨・コク鯨・マッコウ鯨など、槍や銛頭が突き 刺さったものもみられる。舟の舳先に立ってクジラに銛を打ち込んで綱で鯨とつな がった捕鯨絵です。舟には18人が乗りヒゲクジラを捕っている。 壱岐の原ノ辻遺跡から出土した土器、鬼屋窪遺跡の石室内の線刻壁画にも類似の 捕鯨絵図が見られます。


参考資料:
くじらと日本人ーその歴史と未来ー:森浩一・小泉武夫
いまに生きる日本捕鯨の伝統とその源流 (日本鯨類研究所)
先史日本におけるくじら類の利用と捕獲:平口哲夫
くじら取りの系譜:中園成生
鯨 ー北海道開拓記念館第3回記念展ー
江戸東京湾くじらマップ 日本鯨類研究所
西海のくじら捕り:立平進著
捕鯨T: 山下渉登著
日本伝統捕鯨地域サミット(第1回長門・第2回生月・第3回室戸)
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』