大型クジラってナニ?

大型クジラってナニ?




ナガスクジラ
ザトウクジラ
マッコウクジラ



●●●●クジラ「はなしのネタ本」●●●●・「参考資料」

「大型」クジラと「小型」クジラの違いは?

フレームのなかは大(中)型クジラ6種です。
@ミンククジラ(中型クジラともいわれる)・・・ヒゲクジラ類
Aザトウクジラ・・・ヒゲクジラ類
Bマッコウクジラ・・・ハクジラ類
Cナガスクジラ・・・ヒゲクジラ類
Dシロナガスクジラ・・・ヒゲクジラ類
Eシャチ(中型クジラともいわれる)・・・ハクジラ類

この他にもホッキョククジラ・セミクジラ・イワシクジラ・ニタリクジラ・コクジラ・・・ヒゲクジラ類等がいます。
大きさは8m以上です。

一般には体長4m以上を「クジラ」といっています。
体長4m以下のクジラを「イルカ」とよび「小型クジラ」といわれています。

シャチ・ミンククジラは8〜10m位のため「中型クジラ」と 呼ばれることもあります。
イルカ以外のクジラは「大型クジラ」といえます。
 
遊泳舘の隊員は主に「大型クジラ」です。

大型・小型は漁業者・研究者・国等により違いがあります。


例えば
「小型捕鯨業」
小型捕鯨業は農林水産大臣の許可による「指定漁業」です。
48トン未満の小さい捕鯨船(口径50mm捕鯨砲)で獲る小型捕鯨業の対象クジラはミンククジラ、ツチクジラ(10〜13m)ゴンドウクジラ、ハナゴンドウでした。

現在はミンククジラ(8〜10m)はIWCの管理になっています。
この分類ではミンククジラは「小型捕鯨のクジラ」に入ります。

「大型捕鯨船で獲る大型捕鯨業」の対象外のクジラを獲る捕鯨が小型捕鯨です。
鯨の大きさと結びつけることは出来ません。

尚大型捕鯨業の対象はシロナガスクジラ、ナガスクジラ、ザトウクジラ、イワシクジラ、ニタリグジラでした。


下記のようなパンフレットもあります。体長・体重には関係なくIWC:国際捕鯨委員会の管理対象
かどうかの違いです。

IWCが管理対象とする鯨を「大型鯨類」、管理対象としていない鯨を「小型鯨類」といっています。

体長・体重では簡単に比較・区分できません。

管理対象の「大型鯨類」(13種類)は
(ヒゲクジラ類)シロナガスクジラ、ナガスクジラ、ホッキョククジラ、セミクジラ、イワシクジラ、ニタリクジラ、ザトウクジラ、コククジラ、ミンククジラ(10〜11m)、コセミクジラ(7m)の10種
(ハクジラ類)マッコウクジラ、トックリクジラ(10m)、ミナミトックリクジラ(8m)の3種

管理対象外のクジラが「小型鯨類」で
ツチクジラ(12〜13m)、ゴンドウクジラ(6〜7m)、その他の多くのイルカ類を小型鯨類といいます。


「くじら額」の生産地:英国
額の材質:石膏とプラスチックから作られた人造樹脂
額のサイズ:30cm×26.5cm
額の特徴:額ぶち、凹凸があります