捕鯨の歴史・日本捕鯨



千葉市・波奈本店2Fの壁画。珍しいマッコウクジラです。

日本捕鯨の歴史
場所 内    容 操業海域 対象クジラ
慶長1年 1606年 和田中兵衛頼元 紀州において捕鯨を行なう(突取法) 紀州主にセミクジラ
延寶5年 1674年 太地角右衛門頼治網取法を始める 紀州太地主にセミクジラ
文政・天保・嘉永 1818〜53年 網取法の最盛期- 主にセミクジラ
嘉永6年 1853年 アメリカのぺルリ提督が浦賀に来航・通商貿易、捕鯨船隊の補給、修理要求<日本の開港はクジラがした>日本近海 主にマッコウクジラ、セミクジラ
嘉永年間 1870年頃 アメリカ・イギリスの捕鯨船が日本近海で300隻操業・漁場は荒廃し、日本の網取法は衰退した。 日本近海 マッコウクジラ・セミクジラ
明治24年 1891年 ロシアは露国太平洋捕鯨会社設立、韓国近海で操業、鯨肉を長崎に輸出 韓国近海-
明治27年 1894年 関澤明清氏アメリカ式捕鯨を行なう。アメリカ・ロシア捕鯨船隊によって漁場は荒廃し成功を見なかった 日本近海-
明治32年 1899年 捕鯨の日本遠洋漁業会社設立・日本最初のノルウェー式捕鯨船建造(第一長州丸)- -
明治32年 1899年 露国太平洋漁業株式会社所属捕鯨船隊を拿捕 日本近海-
明治37年 1904年 日露戦争がおこる。- -
明治41年 1908年 捕鯨会社12、捕鯨船数28隻に増加 日本近海-
明治42年 1909年 捕鯨会社の合併統合 日本近海-
明治42年 1909年 鯨漁取締規則制定、捕鯨船数30隻以内に制限- -
昭和9年 1934年 沿岸捕鯨船席数を25隻以内に制限 日本近海-
昭和9年 1934年 日本最初の捕鯨母船南氷洋に出漁(アンタークチック号) 南氷洋-
昭和11年 1936年 日本最初の捕鯨母船建造(日新丸) 南氷洋-
昭和13年 1938年 母船式漁業取締規則改正(捕獲鯨の体長制限等)(母船数6隻) 南氷洋-
昭和13年 1938年 沿岸捕鯨についても捕獲鯨の体長制限される- -
昭和15年 1940年 最初の北洋捕鯨出漁 北洋-
昭和16年 1941年 日本軍ハワイ奇襲(太平洋戦争)捕鯨中断- -
昭和20年 1945年 日本無条件降伏第2次世界大戦終わる- -
昭和20年 1945年 戦後日本沿岸12マイル以内の航行許可- -
昭和20年 1945年 捕鯨業の許可・小笠原近海の捕鯨許可 日本近海・小笠原近海-
昭和21年 1946年 第2次漁区拡張- -
昭和21年 1946年 南氷洋捕鯨の再開2船団出漁 南氷洋-
昭和21年 1946年 小笠原近海の母船式捕鯨 小笠原近海-
昭和27年 1952年 北洋母船式捕鯨の再開 北洋-
昭和57年 1982年 モラトリアム、大型の商業捕鯨全面禁止 南氷洋-
昭和61年 1986年 沿岸捕鯨を禁止・沿岸小型捕鯨とイルカ漁業のみが国の管理下に入る。 日本近海・小笠原近海-

減らしたのは((((((((主ににアメリカ・イギリス・ロシア、日本は捕鯨後進国))))))))))))))))
減ったクジラは<<<<<セミクジラ・マッコウクジラ>>>>>>>>




アメリカ捕鯨船の補給等のため日本に「開国」をせまったペリーの黒船です。


千葉市弁天町・波奈本店2Fの壁画。珍しいマッコウクジラです。


「鯨絵巻」網取式捕鯨 国文学研究資料館蔵