遊離銛と固定銛

   (先が尖った鉄+抜けにくくしたカエシ)(船・漁夫が引き近づける)(カシなどの固い木)

     (銛先の種々の形+非対称形+カエシ+羽数など)

1.遊離銛  銛先(離頭銛・回転離頭銛・燕形離頭銛)+綱(ロープ)(−+)棒(柄)

@離頭銛ロープ・・・・・銛頭が棒(柄)から離れるもの(人力)

A銛+ロープ+棒(柄)・・・・・銛全体が手から離れるもの(固定銛+人力)

B離頭銛(火薬仕掛け)+ロープ+火器力・・・・・銃砲捕鯨

    (銛が獲物に突き刺さると柄(棒)が離れるタイプ)  (獲物の動きが活発で、容易に近づけない場合

    (銛全体・銛頭を投げ飛ばし、人手・船から離れるタイプ)

(@手元を離れる銛)(離頭銛)

(A手で投げる) (槍投げ型)(投擲型の手投げ銛)浮き袋+ロープや船+錨+浮樽+網による逃亡・沈下防止。

北アメリカ(ラッコ・アザラシ・イルカ漁) 南アメリカ(ウミガメ漁)アフリカ(カバ)アイヌ(毒ハナレ・キテによるシャチ捕り)

北アメリカ先住民(取り時にアザラシ皮の浮き袋を銛についた紐(ひも)に結び、命中した獲物が潜ることを防ぎ、

弱らせる技術をもっていた。また先住民は、呼吸に浮き上がったアザラシを氷の割れ目でねらうとき手繰り寄せる紐を銛に

つけて、引けば銛先が傷口にくい込む仕掛けをしていた)

○紐を結ぶための突起や孔(あな)をもった刺突具は、離頭(りとう)銛とみられる。

○燕形銛頭(つばめがたもりがしら)または回転離頭銛は、尾部が長く反り、ツバメの尾のように見えることから名づけられた。

(B火器で発射) 非破裂銛先・破裂銛先 銃火器で発射:動力船+ノルウェー式捕鯨砲+破裂・4スパイク銛+捕鯨ウインチ

 

(手で持ち突き刺す銛)

2.固定銛  銛先+綱(ロープ)+棒(柄)

  (銛先と棒をヒモや金具でつなぎ一体にした固定型銛)  (対象の動きが緩慢で、近づきやすい場合

 

※ 古式捕鯨の場合は早い時期は柄が離れる離頭銛を使っていたがその後固定銛に変わった。

この固定銛は手元や船から離れて上に向かって投げ、重みで投擲する槍投げ型であった。

※ 古式捕鯨の場合、銛先の重さに柄の重さも加え銛全体の重量をかけて投げ、重みで鯨体に突き刺した。

※ 上記の固定銛の使用は獲物の動きが緩慢で、近づきやすいものという考えとは相反する。

※ ノルウェー式捕鯨の銛は砲の爆発力で鯨に命中させ、破裂銛先で致命傷を与える銛である。

@銛全体の重量 A致命傷を与える平頭銛先(破裂グラナッツ・破裂銛) B抜けにくい4本の銛爪(羽・スパイク

     カエシ)+ C銛頭部と銛柄をつなぐ遊動リング(サル環) D獲物を繋ぐロープ(銛柄の溝・リングワイヤー・銛先綱

・中綱・元綱) E沈下させず引上げる引き寄せる捕鯨ウインチ+ F船底のスプリング(緩衝装置)+ G船の総合力

による少人数で探鯨・追尾・捕獲・曳鯨・処理(ノルウェーなど)が出来る「効率的な捕鯨法」といえる。

  

 基本的銛先 

チョッキリモリ 左右対称離頭銛+綱付き (西海鯨鯢記)

スペード形の銛(尾州・師崎)

ツバメ形二重遊離銛  アイヌが使用した銛(樺太)

キテ      左右対称離頭銛、スペード形、ハナレともいう、アイヌのイルカ・シャチ漁に使った。

ハナレ     回転式離頭銛、キテ。

あがし銛    左右対称型離頭銛+綱付き 房総ツチクジラ漁に使われた。    

太郎剣     銛頭を柄に固定した左右対称型固定銛。

テンチュウ銛  銛頭の返しが左右非対称の銛で柄が付いた固定銛。

回転銛     獲物の体内で銛頭が回転しひもを引くとT字状になりくい込み抜け難くした銛。