捕鯨の歴史・古代捕鯨


古代捕鯨の歴史
内    容 操業海域 対象クジラ
10〜11世紀 バスク人(フランス ・スペインの住民) 手投げ銛による「沿岸捕鯨」をしていた 大西洋ビスケー湾 セミクジラ
12世紀 バスク人 経営としての捕鯨を行なう 大西洋ビスケー湾 セミクジラ
1372年 バスク人 セミクジラの減少、遠洋への出漁 ニューファンドランド近海(大西洋のカナダ沖) ホッキョククジラ
1500年頃 バスク人 遠洋への出漁 アイスランド/グリーンランド
1583年 英国・オランダ/ドイツ スピッツベルゲン近海に 捕鯨漁場の発見(生産品は鯨油・クジラヒゲ)
1596年 オランダ ウイリアム、バレンツ氏スピッツベルゲン島を発見 スピッツベルゲン
1611〜1612年 オランダ・英国 スピッツベルゲン沿岸捕鯨開始(乗組員はバスク人)(「グリーンランド出漁」とも云われた) スピッツベルゲン ホッキョククジラ
1623年 オランダ オランダは基地スミレンブルグ建設・内湾基地捕鯨 スピッツベルゲン ホッキョククジラ
1633年頃 オランダ・イギリス・ドイツ・フランスデンマーク・スペイン グリーンランド捕鯨の最盛期を迎える スピッツベルゲン ホッキョククジラ
1639年 オランダ スピッツベルゲンの基地スミレンブルグ放棄(クジラ沿岸への回遊減少) スピッツベルゲン
(1636〜1649年) オランダほか各国 遠洋捕鯨への転換(クジラの減少公海捕鯨へ) ホッキョククジラ
1643年 ドイツ人 ドイツの捕鯨船エムデン出港 スピッツベルゲン
1652〜54年- 英蘭戦争によるオランダ捕鯨打撃
17世紀 オランダ・ドイツ ドイツのフリーセン島民がバスク人といれ代わる
(1650〜1750年)- (古代捕鯨業最盛期・バスク人の退場) ホッキョククジラ
1719年 オランダ・ドイツ スピッツベルゲンよりグリーンランドへ漁場変更(デービス海峡出漁) グリーンランド西 ホッキョククジラ
18世紀終わり オランダ オランダ捕鯨業の衰退・古代捕鯨はオランダに非常に大きな富と繁栄をもたらした
1733〜1824年 イギリス 捕鯨業に奨励補助金交付・海軍乗組員の養成 ホッキョククジラ
1788年 イギリス イギリス古代捕鯨業の最盛期、捕鯨船253隻 ホッキョククジラ
1866年 フランス フランス出漁中止
1872年 ドイツ 最後のドイツ捕鯨船ブレーメン出港
1887年- 古代捕鯨業終息(乱獲・漁場荒廃)

クジラを減らした((((((((((((((((((((オランダ・イギリス・ドイツ・デンマーク・スペイン))))))))))))))))))))))
減ったクジラは<<<<<<<<<<<ホッキョククジラ・セミクジラ>>>>>>>>>>>>