美術展に見るクジラ達


墨で描くクジラ展・涌井陽一氏個展
涌井陽一さんの『墨で描くクジラ展』が横浜の保土ヶ谷公園内
のGallery coenで2011年3月15日〜4月3日の間,開催されました。
東日本大震災の余震が頻繁に続いていましたが思い切って
出かけ、墨で描かれた珍しいクジラ作品を見せてもらいました。

ここに数点のクジラを紹介いたします。ライブペイントでザトウ
クジラを描かれたり、参加者の「墨で描くクジラに挑戦!」等の
催しもあり、参加した子供さんの絵も10点ほど展示されていました。

クジラさん達を面白く解説されたイラスト風の絵もありました。
「クジラのご先祖」・「歯クジラとヒゲクジラの違い」・「ザトウ
クジラの特長」・「イルカの解説」・「ナガスクジラの説明」
「セミクジラの説明」・「シャチの説明」・「マッコウクジラ
の説明」などです。クジラを知ってもらう教材になっていました。
動物を沢山描かれている涌井さんならではの作品でした。

 
勇壮なザトウクジラ

ザトウクジラ

マッコウクジラ

コククジラ

シャチ

セミクジラ
 
イラスト風ナガスクジラの解説

イラスト風「ハクジラ」と「ヒゲクジラ」の違い

クジラのご先祖様は?
クジラを知ってもらうための面白いイラスト版。

2007年以降の美術展で見た鯨たちです。
日本水彩画展(東京都立美術館) で目にした長崎・祭り「潮吹き鯨」
千葉県展(千葉県立美術館)で出合った彫刻の部・「バルーンに乗った親子クジラ」、
絵画部門・「怒るクジラ」です。作者・題名は不明です。
絵画洋画部門の連続出品作・ザトウクジラ

祭り「潮吹きクジラ」


浴衣を着て勇壮にクジラを引いている人たちが描かれています。
作者:峰松アエ子さん(長崎)

県展の彫刻・バルーンクジラ


バルーンに乗って遊ぶクジラでしょうか。金属で出来ています。

バルーンクジラ・親

バルーンクジラ・子

親の拡大画像
県展・公害に怒るクジラ


海を汚され怒るクジラ、頭にきたーーー。

拡大画像です。

2008年千葉県展洋画部門出品作

小谷明美さん (流山)   「WATCHING」

2009年千葉県展洋画部門出品作
 
ザトウクジラの遊泳 目の拡大 昨年に続く出品
小谷明美さん (流山)   「海から」

2009年特別付録 直江津と佐渡を結ぶフェリーにあったイルカ
 
イルカ2頭の跳躍

2010年 千葉県展洋画部門出品作

『大海から』 小谷明美氏(流山) 毎年出品されているようです。
  
いつもの常連さん。鯨の目の拡大。
   
『鯱』 笹子三喜男氏(館山) シャチホコ(これも鯨の仲間です)の彫刻
 
『城下町も土塀』 松本 清氏(船橋)、鯨情報を貰う友人の作品です。

2011年 千葉県展洋画部門出品作

『大海へ』 小谷明美氏(流山) 毎年出品されております。
  
  

 
『ごごのせいぶつ』伊牟田千代子氏(千葉)
ここにも鯨の姿がありました。