捕鯨の歴史・アメリカ式捕鯨



アメリカ式捕鯨(南洋捕鯨・マッコウ鯨捕鯨時代)の歴史
内    容 操業海域 対象クジラ
1650年頃 アメリカ アメリカで沿岸捕鯨が行なわれる(ロードアイランドが中心地)帆船使用・手投げもり、銛打銃による捕獲・クジラは海中で解剖、脂肪層を持ち帰り陸上で採油 ニューファンドランド近海・ケープコッド・ナンタケット セミクジラ類
1668年 アメリカ アメリカ捕鯨会社設立(ニューロンドン)される・小型捕鯨船の大きさは30〜40トン アメリカセミクジラ
1712年 アメリカ 初めてマッコウクジラ捕獲される・沿岸捕鯨から公海捕鯨に転換・捕鯨船の大型化、公海日数の長期化(数カ月)した。 アメリカ(ナンタケット)マッコウクジラ
1750年頃 アメリカ マッコウクジラの捕獲増加・ローソク工業起きる。アメリカの重要輸出品となる アメリカマッコウクジラ
1746年〜75年 アメリカ 南北両大西洋で捕鯨が行なわれる 南北両大西洋・ニューファンドランド〜フォークランド島・アフリカ・ケルゲレン島・ニューアムステルダム島 マッコウクジラ・ザトウクジラ・セミクジラ
1761年 アメリカ 捕鯨船の大型化、70〜90トンの捕鯨船出漁マッコウクジラ
1763年 アメリカ 南半球でセミクジラ捕獲 南半球 ミナミセミクジラ
1774年 アメリカ 捕鯨船360隻マッコウクジラ
1789年 アメリカ 漁場は太平洋まで拡張、122隻出漁 太平洋・オーストラリア・タスマニア・ニュージランドマッコウクジラ
(1820〜50年) アメリカ (アメリカ式捕鯨最盛期)マッコウクジラ
1836年 ドイツ アメリカ式捕鯨にドイツ参加(根拠地ハンブルグ、ブレーメン)マッコウクジラ
1842年- 全世界の捕鯨船は882隻(内アメリカ船652隻)マッコウクジラ
1846年- アメリカ式捕鯨全盛期アメリカ船735隻 オホーツク、ベーリング海・北氷洋操業 ホッキョククジラ・セミクジラ・マッコウクジラ
1846年 アメリカ ニューベットホードに繊維工場建設・捕鯨から繊維工場に労働力の移動マッコウクジラ
1849年 アメリカ カルフォルニアで金鉱発見、捕鯨船員の移動マッコウクジラ
1855年 アメリカ アメリカ式捕鯨暫時衰えるマッコウクジラ
1859年 アメリカ ペンシルバニアで石油発見・鯨油の価値低下・乱獲による漁場の衰退、鯨ヒゲの利用価値の減少マッコウクジラ
1869〜1880年 アメリカ1/3、ポルトガル1/3、その他1/3 西岸サンフランシスコが捕鯨の中心地マッコウクジラ
1890年以降- 油からクジラヒゲを主体の捕鯨に代わる
1898年- アメリカ式捕鯨殆ど終息

減らしたのは((((((((アメリカ・ポルトガル・ドイツetc))))))))))))))))
減ったクジラは<<<<<主にマッコウクジラ、セミクジラ、ホッキョククジラ・ザトウクジラ等>>>>>>>>
捕鯨船は((((((((捕鯨船300〜400トンで捕鯨ボート搭載・手投げ銛または銛銃によって捕獲))))))))