◇ はじめに◇
サッカーは世界で最も競技人口が多く人気のあるスポーツであることは誰もが知るところです。

人気だけではなく、サッカーの国際交流や国際親善に果たす役割は非常に大きなものがあり、私たちが活動している小学生を対象とした少年サッ カークラブもその原点のひとつと言えます。

サッカーの魅力は得点すること、みんなで勝利を味わうことなどたくさんありますが、
それらはすべて「楽しい」ということにつながっています。
 
志津FCの目標にもなっている「楽しいサッカー」は、そんなところからもきています。
 


◇ 志津FCの運営方針◇

クラブ運営の基本的な考え方は、子ども、お父さん、お母さんなど家族みんなでサッカーを楽しんでもらうこと。

そしてよい友だちや人間関係を作り、志津FCに入って良かったと思えるようなクラブでありたい。

実 行していくためには、クラブとしての目的や目標を持ち、育成していかなければなりません。

そ のために子どもたちのがんばりはもちろんですが、正しい指導や保護者の協力、また地域や学校などたくさんの協力が必要となり、組織作りもしなくてはなりません。
 


1. 目的・目標・方針
    クラブとしての目的、目標、方針を持ち活動を進めていく。




2. 組織・環境
    親の会や指導部の組織体制を作り、人間関係と施設環境の向上を図る




3. 指導の充実・指導方法の確立
    指導体制を整え、指導者相互の意見交換とレベルアップを図る。




具体的には次のように考えています。


[目 的]
サッカーを通して健全な心と身の育成と地域に密着したスポーツの振興を図る。


[目 標]
自分で考え、自分たちでやる楽しいサッカー!


[育成方針]

① 考えるサッカー
自分でやりたいことを勇気を出して、まずやってみよう。
うまく出来ないのはどうしてなのか、考えてみよう。きっとわけがあるよ。
出来るようになったら、その時のことをよく覚えておこう。
そして次の目標にチャレンジしよう。

② みんなと仲良く
友達や試合をする相手に対して、感謝の気持ちを忘れない。
サッカーでフェアプレーの精神は最も必要なこと。
自分がされていやなことをしてはいけない。
自分のやるべきこと、やってはいけないことのけじめをつける。

③ 自信と責任を持って
練習してできたときの自信とイメージを持って試合をしよう。
自分の役割があるから責任もあるのです。

[組 織]
組 織としては大きく次の3つの要素から成り立っています。

1) 子ども
会の母体であり、子どもなくして会の存在もあり得ない。

2) 指導者
少年期を理解した上で、指導方針の確立が必要。
マニュアルを作成するなど実践を通してのレベルアップを図っていく。
また審判についても講習会を受けるなど、技術の向上に努める。

3) 親の会
子どもたちがより良い環境でサッカーが出来るように協力していこうとするもの。
年間行事 の計画や実施、練習時の当番の協力など。