米沢藩主・上杉治憲(鷹山)誕生の背景

九州・日向の小藩「高鍋藩・秋月家」から
米沢藩主・上杉治憲(鷹山)が生まれた背景

「秋月家、上杉家、黒田家」三家の関連表

出羽国・米沢藩(上杉家)
初代藩主:上杉景勝
上杉謙信の養子
筑前国・秋月藩(黒田家)
初代藩主:黒田長興
福岡藩主・黒田長政の三男
日向国・高鍋藩(秋月家)
初代藩主:秋月種長
筑前国・秋月氏16代:秋月種実の長男
四代藩主・上杉綱憲の娘「豊姫
秋月藩(黒田家)に嫁ぐ ⇒ ⇒
四代藩主:黒田長貞
   夫人:豊姫


四代藩主・黒田長貞の娘「春姫
高鍋藩(秋月家)に嫁ぐ ⇒ ⇒ ⇒
六代藩主:秋月種美(たねみ)
   夫人:春姫
八代藩主・上杉重定
九代藩主・上杉治憲(鷹山)

六代藩主・秋月種実の次男「治憲」。
←←米沢藩(上杉家)の養子となる。
註1:出羽国は現在の山形県、筑前国は現在の福岡県、日向国は現在の宮崎県。
註2:筑前国・秋月氏については、「筑前秋月と歴史浪漫」のページをご覧下さい。