高鍋藩


秋月家

2万7千石
外様 柳間 城主

秋月氏は元々、筑前・秋月の地頭だったが、秀吉の九州征伐で、日向(宮崎県)高鍋に移封された。

6代藩主・秋月種美の二男は、米沢藩・上杉家に入り、有名な上杉鷹山治憲となるが、その兄の7代藩主・秋月種茂も高鍋藩歴代中の名君として、治績をあげている。


歴代藩主

 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

秋月種長(たねなが)

従五位下 長門守

秋月種実の長男

二代

秋月種春(たねはる)

従五位下 長門守

長野種真の子を秋月種長の女婿となす

三代

秋月種信(たねのぶ)

従五位下 佐渡守

秋月種春の長男

四代

秋月種政(たねまさ)

従五位下 山城守

秋月種信の二男

五代

秋月種弘(たねひろ)

従五位下 長門守

秋月種政の長男

六代

秋月種美(たねみ)

従五位下 長門守

秋月種弘の二男

七代

秋月種茂(たねしげ)

従五位下 山城守

秋月種美の長男(上杉鷹山の兄)

八代

秋月種徳(たねのり)

従五位下 山城守

秋月種茂の長男

九代

秋月種任(たねただ)

従五位下 筑前守

秋月種徳の二男

十代

秋月種殷(たねとみ)

従五位下 長門守

秋月種任の長男