高橋氏

 佐藤・鈴木についで広く全国に分布する。これは高橋という地名が全国各地に多かったからだ。ちなみに奈良県では約40もの高橋という地名がある。
 高橋氏には二つの系統がある。まず孝元天皇の皇孫大稲輿命の子磐鹿六雁命の流れ。この命は景行天皇に新鮮な蛤のナマス料理を差し上げた。天皇はいたく喜ばれ、膳の姓を賜った。この子孫膳臣の支流が高橋氏を名乗った。その後、朝廷の食膳を司る家柄として、本家の膳臣をしのぐ勢力となり、高橋朝臣を賜姓された。
 もう一つが大和国添上郡「高橋神社」の所在地高橋邑から出た物部氏の流れだ。これは地名からきている。この地名は神社に関係が深い。
 丸木橋を立てれば柱になる。天と地を結ぶ高い柱(はし)は、神の降臨を願う聖域の目印となる。神殿の階(キザハシ)も同じだ。
 また、神の訪れるハシのたもとは、それが柱であろうと橋であろうと、聖なる場所である。多くの氏子は、ここで神を待ち、神を迎えた。そこは神を呼ぶ場所であり、かつ神を招く人(神主)の居所であった。
 こうして、高橋は氏子たちにとって神聖な宮代となり、意義深いことばとなった。
 社家の高橋氏には、越後の弥彦大宮司家をはじめ、各地の八幡社や山王社などの神職に就いており、とくに北関東・東北に多い。
 武家の高橋氏は、駿河の紀姓大宅氏族、遠江の藤原南家狩野氏族、近江の佐々木氏族、伊予の越智氏族、筑前の利仁流斎藤氏族や桓武平氏の系統などもある。
 
筑後三原郡発祥の高橋氏は、渡来系の大蔵氏の流れで、高橋招運の養子となった立花宗茂は柳川藩主となり、高橋元種は延岡藩主となった。
 その他、各地の高橋姓をながめてみると、諸国に多数の氏が出ている。

■九州の高橋氏の由来

豊前の高橋氏
暦仁の頃、高橋大夫あり、宇都宮家臣にして道房に従うと。下りて、戦国の頃 高橋氏、門司城、
香春城などに拠る。
筑前の高橋氏
永禄中、
高橋鑑種、鎮種、御笠郡岩尾城に拠る、又、宝満城に拠ると。下りて、徳川時代 那珂郡山田村の人に高橋善蔵あり。櫨樹(はぜのき・ウルシ科)の栽培を広めて、国産を増す。
大蔵姓
筑後国三原郡の高橋村より起こる。当地方の大族にして、原田系図に「春実−泰種−種光、弟 春門(高橋祖、筑後国三原郡高橋に居り、因りて氏とす)」とある。
大友氏族
前項高橋氏の孫 光種(尊氏卿、九州の大兵を率いて、上洛の時、仁木義長を留めて九州を鎮めしめ、また、副うるに高橋光種を以ってす)の七代孫 長種(武種)死して、嫡なく、大友氏の族 一萬田左京大夫の二男
三河守鑑種、家を嗣ぎしが、後に大友宗麟と争いし為、宗麟 一族吉弘鑑理の弟 鎮種をして家を継がしむ。
これ高橋主膳兵衛にして、紹運入道のことなり。この年、元亀元年、高橋の家二つに分かれて、両高橋とは申しけり。その後 天正十三年、筑紫上野介広門の為に岩屋城に自害、立花家より養子(宗茂−種次)を迎え、以後立花氏へ。
秋月氏流
前項の
三河守鑑種は、秋月種実(文種)の二男 元種を世嗣とす。「香春城主元種は、兄、秋月種長と同じく薩摩の島津に随いて、大友と戦うこと年を経て、天正十五年、豊臣関白、筑紫に向い給いし時、降人になって参りければ、日向国宮崎の地を下し賜いぬ」と。
「その後 徳川氏に属し、本領を安堵されしが、慶長十八年、宇喜田左門の事に座して、領地を没収せられ、立花飛騨守宗茂に預けらる。元種の子 右近某 浪遊して、当国に来たり、
小石川村の里正安右衛門の先祖 高橋図書の許をたより来たり、当村に土着して農民となり、晩年 小石川指ヶ谷町に屏居し、剃髪して名を浄雲と改め、浄雲寺を草創し、明暦四年、伝通院より寺地を除地となし、同寺の末に属せしより、今に彼の地に存す、浄雲の子孫 連綿す」と。
藤姓西牟田氏族
筑後の高橋氏にして、西牟田二代目の弟に高橋次郎家次あり、三瀦郡西古河館に拠る。開基帳に、「大藪村三島大明神、正安三年に高橋丹藤兵衛藤原基氏、伊豆国より勧請す」と。
菊池氏族
肥後の名族にして、菊池系図に「兵藤警固太郎経隆の子 経政(山鹿大夫、高橋祖)」と見ゆ。山鹿郡高橋より起こりしなり。又一本には、「経隆の弟 西郷太郎政隆−隆基−隆季(西郷三郎)−経政(山鹿太郎、高橋家祖)」とあり。
藤原南家相良氏族
これも肥後の名族にして、相良系図に「相良長頼の子 頼之(高橋)」と見ゆ。因って同じく山鹿郡高橋より起こりしにて、一本系図に「長頼の弟 宗頼(山井四郎左衛門・山鹿郡山井に住す。内田、高橋 云々)−頼元(山鹿郡高橋に住す。高橋左近将監)」など載せたり。


●左から/切り竹・切り竹笹・中陰菱に花菱・丸に笠・丸に一つ花杏葉