西海道(さいかいどう)

わが国の古代地方行政区画・官道である七道の1つ。
筑前国筑後国・豊前国・豊後国・肥前国・肥後国・日向国・大隅国・薩摩の9か国と壱岐・対馬の2島をふくむ。
筑前に大宰府がおかれ,西海道諸国を統轄した。

  筑後国 ちくごのくに

福岡県南部の旧国名。
国府と国分寺は今の久留米市にあった。
略称「筑州」。
古くは筑前と合わせて筑紫(つくし)国といった。
鎌倉時代,守護は大友・北条・少弐(しょうに)・宇都宮の諸氏がなり,室町・戦国時代には豊後の大友氏の領国となった。
豊臣秀吉の九州平定後は諸氏が分かれて領有し,江戸時代には久留米・柳川・三池の3藩がおかれた。

 豊前国 ぶぜんのくに

大分県北西部と福岡県北東部の旧国名。
国府は今の福岡県行橋(ゆくはし)市あたり,国分寺は福岡県豊津町におかれた。
略称「豊州(ほうしゅう)」。
古くは豊国(とよのくに)とよばれたが,7世紀に豊前・豊後(ぶんご)の2つに分かれた。
室町時代には大内氏が支配していたが,豊臣秀吉の九州征圧後に黒田・毛利氏にあたえられ,関が原の戦いの後,細川忠興(ただおき)の領地となった。
細川氏が熊本にうつされたのち,小笠原氏の一族が小倉・中津藩の領主となった。

  豊後国 ぶんごのくに

大分県の大部分の旧国名。
国府と国分寺は今の大分市にあった。
略称「豊州(ほうしゅう)」。
古くは豊国(とよのくに)といい,7世紀に豊前(ぶぜん)・豊後に分かれた。
鎌倉時代以後は大友氏が守護となり,豊臣秀吉によってほろぼされたあと,江戸時代には日出・臼杵・佐伯などの諸藩がおかれた。

  肥前国 ひぜんのくに

佐賀県と,壱岐(いき)・対馬(つしま)をのぞく長崎県の旧国名。
国府と国分寺は今の佐賀県大和(やまと)町におかれた。
略称「肥州」。
古くは,肥後国とともに火国(ひのくに)といわれた。
室町時代に有馬・大村・龍造寺(りゅうぞうじ)氏らが勢力をふるい,ヨーロッパ人の来航で平戸・長崎がにぎわった。
江戸時代には長崎奉行が外交・貿易にあたったが,この時代,佐賀・島原・大村・平戸・唐津(からつ)などの諸藩があった。

  肥後国 ひごのくに

熊本県の旧国名。
国府と国分寺は今の熊本市にあった。
略称「肥州」。
古くは,肥前国とともに火国といわれた。
室町時代に少弐(しょうに)・大友・阿蘇(あそ)・菊池氏などが守護となり,豊臣秀吉のとき佐々成政(さっさなりまさ)が領主となったが,のち小西行長と加藤清正にあたえられた。
江戸時代には細川氏の熊本藩のほか,宇土(うと)・新田(にった)・人吉(ひとよし)藩などがおかれた。

  日向国 ひゅうがのくに

宮崎県の旧国名。
国府と国分寺は今の西都(さいと)市におかれた。
鎌倉時代略称「日州(にっしゅう)」。
以後,守護はひんぱんにかわったが,島津氏の勢力がしだいに広がり,戦国時代には完全に支配した。
その後,豊臣秀吉の九州征圧で,島津氏のほか,延岡(のべおか)は高橋氏,高鍋(たかなべ)は
秋月氏,飫肥(おび)は伊東氏が領主となり,江戸時代には延岡が有馬・三浦・牧野・内藤氏とかわった。

  大隅国 おおすみのくに

鹿児島県の大隅半島を主とする地域および薩南諸島をふくむ旧国名。
国府と国分寺は今の国分(こくぶ)市におかれた。
略称「隅州(ぐうしゅう)」。
古くは熊襲(くまそ)・隼人の根拠地であったが,平安時代末期には大半が近衛家の島津荘となる。
鎌倉時代に北条氏・千葉氏が守護となったこともあるが,大半は島津氏が守護として勢力をはった。
以後,江戸時代を通じて島津氏の支配下にあった。

  薩摩国 さつまのくに

鹿児島県の旧国名。
国府と国分寺は今の川内市におかれた。
略称「薩州」。
日本の南端のため,大和朝廷の支配はおくれたが,平安時代には近衛家領島津荘が広がり,地方豪族が勢力をふるった。
室町時代に島津氏が守護大名として勢力をはり,やがて豊臣秀吉にしたがった。
江戸時代には島津氏が薩摩藩主となり,幕末,倒幕運動の中心となった。

  壱岐 いき

長崎県の北西部,玄海灘にある島。
農業と規模の小さい漁業が行われている。
福岡市と海・空路でむすばれ,また呼子(よぶこ)町(佐賀県)との間に定期航路もある。
面積:134km

  対馬 つしま

長崎県の北部,玄海灘にある島。
下島と上島に分かれ,その間に浅茅(あそう)湾がある。
朝鮮半島とわが国の交通の足場として,古くから重視されてきた。
周囲の海域では漁業がさかんで,浅茅湾では真珠の養殖が発達する。
農業は小規模で,牧畜や林業のほうがさかん。