中大兄皇子(なかのおおえのみこ)

天智天皇(てんじてんのう)のことです。

概要 備考
出自 生年・没年 推古34年(626) 〜 天智10年(671)
家族 父 : 舒明天皇(じょめいてんのう)
母 : 皇極天皇(こうぎょくてんのう)。
子 : 持統天皇・元明天皇・大友皇子・大田皇女・明日香皇女・志貴皇子など

主な活動

皇極4年(645)、乙巳(いっし)の変で蘇我氏を滅ぼす。

斉明7年(655)、斉明天皇(さいめいてんのう)が亡くなったため、即位せずに政治を執ることになる。←これを称制(しょうせい)といいます。

天智3年(664)、冠位二十六階を制定する。

天智6年(667)、近江大津宮に遷都する。

天智7年(668)、即位する。

天智8年(669)、中臣鎌足(なかとみのかまたり)宅へ行幸し、藤原の姓を賜る。同時に大織冠・大臣の位を授位する。

天智10年(671)、大友皇子(おおとものみこ)を太政大臣にする。この年の暮れに崩御(ほうぎょ)する。


その他

乙巳(いっし)の変のとき、飛鳥板蓋宮(あすかいたぶきのみや)で、藤原鎌足(ふじわらのかまたり)と協力して、蘇我入鹿(そがのいるか)を斬っています。

写真は、飛鳥板蓋宮(あすかいたぶきのみや)の跡と伝えられるところです。