オランダ風車のある処(マイタウン佐倉)

佐倉市は、千葉県北部、北総台地の中央部に位置し、都心から40キロメートルの距離にあります。
新東京国際空港(成田空港)へは15キロメートル、県庁所在地の千葉市へは南西へ15キロメートル、市北部には広大な印旛沼が広がります。
佐倉市の面積は、103.59平方キロメートルです。
佐倉市の市域は、印旛沼の南に広がる台地と傾斜地からなり、その間を鹿島川や高崎川、小竹川などが流れ、印旛沼に注いでいます。
標高30メートル前後の台地は北から南へ向うほど高くなります。
年間の平均気温は15℃前後で、比較的温暖な気候に恵まれています。しかし、冬は千葉の北海道とも云われるくらい寒い処です。
印旛沼周辺、佐倉城址周辺、また東部、南部の農村地帯などには豊かな自然が残っています。
京成電鉄本線、JR総武本線・成田線が市の東西を貫き、都心までおよそ60分、成田空港と千葉市内へはそれぞれ20分です。
また市内には新交通システム(モノレール)によるユーカリが丘線が運航し、バス路線とともに各駅と住宅地を結ぶ市民の足となってといます。
一方、道路は市の南部に東関東自動車道(高速道路)と、国道51号が走り、それぞれ東京と成田を結ぶほか、国道296号が市を横断する主要な生活道路となっています。
佐倉市へのアクセス(交通手段)
  JR :総武本線 佐倉駅
  私鉄:京成電鉄 志津駅、ユーカリが丘駅、臼井駅、佐倉駅、大佐倉駅
  高速道路:東関東自動車道路 佐倉IC
  国道:296号線、51号線

詳細地図
1.中央を横断している鉄道は京成電鉄本線で、成田空港に乗り入れている。
2.王子台小学校には、二人の息子達が通った。
3.右上に有る「ふるさと広場」には風車が有り、周囲に広がる畑には季節になるとチューリップが咲き乱れる。
4.因みに、顔マークの有る処が、蒼影のマイホーム。

拡大地図
1.右上に有る「岩名運動公園」は、女子マラソン金メダリストの高橋尚子が普段練習している処。
2.右中段に有る「佐倉城址公園」には、「国立歴史民俗博物館」が有る。
3.京成電鉄本線「ユーカリが丘駅」から、上方に出ている線路はモノレール。
4.市民の森の中に有る「草笛の丘」には、ミニSLが走っている。
5.七井戸公園の近くに有る「臼井南中学校」には、息子2人が通った。


佐倉市内の観光名所

川村
記念
美術館
中世から現代美術に至るまで、世界の名画が展示されている川村記念美術館。
17世紀のレンブラントから印象派のルノワール、モネ、近代美術のピカソ、ブラック、現代美術のステラまで、そして日本画の尾形光琳など、世界の名画がコレクションされています。

川村記念美術館ホームページへ

休館日 月・火(祝日の際は開館)・年末年始

佐倉
市立
美術館
大正時代の建築物を利用しているノスタルジックな佐倉市立美術館。
旧城下町の中心部・新町には、地下2階地上5階建ての市立美術館。
エントランスホール部分には、千葉県指定文化財「旧川崎銀行佐倉出張所」が使用されています。


休館日・月(祝日の際は翌日)・年末年始

佐倉
城址公園
本丸跡のある佐倉城址は、土塁、空堀など城の面影を残した美しい公園になっています。
この公園では、春は桜、秋は紅葉など、四季折々の自然を楽しむことができるほか、園内には茶室もあり、のんびりとした風景の中でお茶を満喫することができます。

国立
歴史民俗
博物館
歴史学、考古学、民俗学の資料を展示し、東洋一の規模を誇る国立歴史民俗博物館。佐倉城址の北側にある、日本の歴史と文化について総合的に研究・展示する、我が国最大の国立の歴史民俗博物館です。広大な敷地には、原始から近代に至るまでの資料がテーマ別にたくさん展示されています。
国立歴史民俗博物館ホームページへ

休館日・月(祝日の際は翌日)・年末年始

武家屋敷 宮小路町に復元された武家屋敷からは、当時の武士の生活を偲ぶことが…。
佐倉城のあったこの町には、江戸時代には多くの武家屋敷が立ち並んでいたと言われます。
現在は3棟の武家屋敷が一般公開され、当時の武士の暮らしを垣間見ることができます。


休館日・月(祝日の際は翌日)・年末年始

佐倉
順天堂
記念館
日本医学の近代化に尽くした旧佐倉順天堂。
現在は佐倉順天堂記念館に…。
天保14年、佐倉藩主の堀田正睦が招いた蘭医の佐藤泰然が開いた医院兼蘭学塾。
ここから明治時代の医学界を支えた人材が多数輩出されました。
現在の順天堂大学は、泰然の養子の佐藤尚中が開設したものです。


さくら
庭園
明治時代に造園された、芝生と借景を生かした旧堀田邸庭園。
佐倉藩最後の藩主・堀田正倫が邸宅ととも整備した、県内明治期を代表する庭園。
自然の地形を利用した美しい造りには定評があり、さくら庭園という愛称で親しまれており、季節ごとにお茶会も催されています。

県立
佐倉
高等学校
記念館
明治創立の歴史と風格を感じさせる、県立佐倉高等学校記念館。
ミスタージャイアンツこと長島茂雄の出身校としても有名な県立佐倉高等学校。
明治43年に建てられた塔やドーム屋根の木造洋風建築は、現在記念館になっています。

印旛沼 コイ、フナなど、たくさんの魚が生息し、釣りが盛んな印旛沼。
岸辺にはカワセミやカモなどの水鳥が姿を現し、釣り客の目を楽しませてくれます。
印旛沼は、江戸中期からたびたび治水工事が行われ、昭和二十一年から二十年あまりかけて、ついに完成しました。
湖畔のサイクリングロードは、自転車に乗りながら風景を満喫できる絶好のスポットとして人気です。
また、沼を周遊する屋形船に乗って、いろいろな角度から佐倉を眺めてみるのもいいでしょう。

佐倉
ふるさと
広場
佐倉ふるさと広場には、日蘭親善のシンボルとして建設されたオランダ風車が…。
佐倉市制40周年を記念して、平成6年春、佐倉ふるさと広場に風を利用して回転する本格的オランダ風車が誕生。
この風車は、リーフデ(友愛)と名づけられ、日本初の水くみ型風車としても注目されています。