蒼影の年譜

このページは想い出す度に追記すると共に、記憶相違等が有った場合は随時更新していきます。

2009.01.12 更新

   
西暦 和暦 年齢 マイヒストリー&トピックス
1950 S.25 0 ☆8月29日福岡県朝倉郡大福村大庭(現、朝倉市大庭)にて出生。

父(30歳)
 大正9年大福村大庭で、農家の次男として生まれる。
 尋常小学校6年生の時、実母が病死したのが原因で叔父を頼って一人満州へ渡る。
 元来、頭脳明晰だったこともあり、叔父の資金援助で進学し撫順工業学校を卒業。
 満鉄(南満州鉄道株式会社)に入社する。
 満鉄では調査部に勤務し、測量技師(地質・鉱脈の調査)として働く。
 仕事では、特務機関員と一緒にソ満国境近くへ出張(※)する事が多かったとのこと。
 【※危険手当などが付いた出張月の給料は、多額だったそうだ】
 この間、中国語の通訳資格を取得、又、当時の満鉄総裁は、あの松岡洋右だった。
 昭和19年に召集を受ける。
 海軍陸戦隊・海軍二等兵曹として南方戦線(インドシナ・メナド?)に送られる。
 もう、この頃は制空権も制海権も敵(米国)に握られていた。
 同行の輸送船が敵の潜水艦に次々と沈められる中、命からがら戦地に到着する。
 戦地では、高射砲指揮所にて弾道計算(※1、※2)を担当する。
 【※1:当時の日本軍は、計算尺で弾道計算をしていたそうだ】
 【※2:本来、弾道計算は将校の業務だが、この頃は弾道計算もできない予備役将校も配属されていたそうだ】
 息子の私は、元来は弾道計算をするために開発されたコンピュータのSEが生業。
 これも、何かの因縁か。
 戦争中は、爆撃機一機を打ち落したそうだ。
 何時もは空爆で通信回線を切断されていた。
 戦闘指揮所から伝令が高射砲陣地まで弾道計算結果を伝えに走る(※)
 【※指揮所から叫んでも爆撃音で声が掻き消されて高射砲陣地に届かないため】
 しかし、伝わる頃には上空に爆撃機が来て、指示が役に立たなかったとのことだった。
 日本が降伏した後はオーストラリア軍の捕虜となり、南海の孤島で捕虜生活を送った後、昭和21年に復員する。
 復員後は戦後の混乱の中、筑豊の炭鉱で働く。
 たった一人の兄(※)が、事情が有って実家を出る。
 【※元職業軍人(海軍少尉)で、敗色が濃くなた頃は佐世保鎮守府で人事を担当していた】
 会社(銀行)勤めの話が有ったが、親だけを田舎に残して家を出て行く事が出来ず。
 子供(私)が生まれた事を機に、嫌いだった農業を始める。
 しかし、生来農業が好きになれなたったようた。
 寺内ダム建設の臨時雇用でダムの強度計算(※)をやっていた頃は、生き生きとしていた。
 【※田舎で農業をしている臨時雇用の父がダムの強度計算を楽々とこなしてしまうのに、雇用側の若手職員も驚いていたそうだ】
 だからだろうが、私には一度も農業をやれとは云わなかった。

母(20歳)
 昭和5年大福村三寺で、篤農家の三女として生まれる。
 女学校を卒業して直に、父と結婚(当時18歳)した。
 戦後、農地改革が行われるまでは、何不自由無い生活を送っていた。
 彼女の母親は隣村(宮野村:現、朝倉市宮野)の庄屋の娘。
朝鮮戦争勃発
1951 S.26 1 ☆膝を伸ばして這っていた(そうだ)。
 #猿みたいに!
1952 S.27 2 ☆悪戯ばかりしていた(そうだ)。
 #隣家(氏族の本家)の花畑の花を小刀で切り散らかしていて、自分の指に怪我をする。
  ・この時、隣のお兄さん(他界)が写した「ふてくされ顔の写真」が残っている。

☆妹が生まれる(7月3日)。
1953 S.28 3 ★後に入学する大福小学校の火災を、祖母に背負われて高台から見る。
 #この頃からの記憶あり。

筑後川が朝倉町の「恵蘇宿」付近で決壊し、大水害が起こる。
1954 S.29 4 ☆近所の公民館が保育園になっていて、其処に1年間通った。
 #保育園の先生は、お寺のお坊さんだった。
1955 S.30 5 ☆新設の大福村立大福幼稚園へ入園する(4月)。
 #幼稚園での二年間は、悪がきで鳴らしていた。
 #再三、お仕置きとして園長室隣の暗い小部屋に閉じ込められた。

☆弟が生まれる(12月28日)。
 #大晦日の晩は、病院の母のベットの下で寝た。
  ・外は雪だった。翌朝、母と一緒に食べた病院の朝食は美味しかった。
1956 S.31 6 ★足(左足指の付け根:5本共)に大怪我をする。
 足から血を流して泣きながら家に帰るが、父から「男は泣くな!」と怒られた。
  ・後日、父が言った言葉。
   「男は自分の為に涙を流すな、涙を流すなら他人の為に流せ」
  ・「自分のために流す涙は見苦しいが、他人のために流す涙は美しい」と云うことか。
 #麻酔が効かない処だったので、麻酔無しで縫った。
  ・後日、母から聞いた話だ。
   「おかーぁさま!、おかーぁさまじゃん!」と云う泣声が、手術室から聞こえた。
★急性腎臓病で倒れる。
 #この時の記憶は、何故か余り無い。
   只、味付けの無い茹でたほうれん草や何も付けない食パンを、不味いなーと思って食べていた事は憶えている。
1957 S.32 7 ☆大福村立大福小学校へ入学する(4月)。
 #担任は眼鏡を掛けた女先生。
  ・調先生と云う優しい先生だった。
==小学校時代を通して==



本が好きで小学校の6年間、昼休みは何時も図書館で本を読んでいた。
しかし、学校から一歩でると、悪戯と喧嘩好きの悪がきだった。



運動会の地区対抗リレーは、毎年選手に選ばれて走った。
選手に選ばれると、生卵(当時は貴重品)が2個貰えた。
その内の1個は残しておき、リレーの直前に飲んだ。
何故か、短距離走は速かった。



春は川で、魚釣り(餌は薊の花に巣食う白い虫)や木の実採り(主に野苺)、
夏は川で、水泳、自作の水中鉄砲で魚捕り、魚釣り(餌はミミズや鯖虫)、
秋は森や野原で、野生の木の実採り(主に椋の実、アケビなど)
冬は森で、筑後川の漁師の子から買った霞網で野鳥獲り等をしていた。
1958 S.33 8 ☆学校以外では勉強しなかった。
 ・只、授業中は真剣に聞いていた。
1959 S.34 9 ☆担任が別の女先生に変わった(4月)。
 #確か、名前は植田先生といった。
   ・私に「雀」と渾名を付けた。
  ・そして、可愛がってくれた。
1960 S.35 10 ☆潮干狩りに初めて行った。
 #バスのガイドさんが島倉千代子の「からたち日記」を歌っていた。
  何故か今も鮮明に記憶に残っている。
1961 S.36 11 ☆担任が大学出たての男先生に変わった(4月)。
 #名前は仲山(毅)先生といった。
  ・先生は水泳が得意だった。
  ・厳しかったが、優しい先生だった。
 ・未だ健在だろうか?

☆夏休みの林間学校で能古島へ行く。
 #初めてエンジン付きの船に乗った。
1962 S.37 12 ☆八幡製鉄所(現:新日鉄・八幡)見学旅行に行く。
 #初めて大きな船(鉱石運搬船:1千トン)を見た。
 ・初めて大きな船を見た小学生には、凄く大きく見えた。

☆我が家にTVが来た。
 #母が作った藁のソファーに座って、何時も兄弟揃って観ていた。
1963 S.38 13 ☆朝倉町立比良松中学校へ入学する(4月)。
 #この頃は3村が合併して、朝倉町になっていた。
 #担任の先生は英語担当の都合(とごう)先生だった。
中学生になると、悪戯も喧嘩も馬鹿らしくなり、一切止めた。



TVでJFK暗殺を知る。
裏の畑で麦踏をしていた父に、走って行って知らせた。
それから一緒に麦を踏んだ。
何だか、とても悲しかった。
1964 S.39 14 ☆剣道部へ入部する。
☆校庭で初めて見た同級生の女の子に初恋をする。
東京オリンピック
1965 S.40 15 ☆剣道初段へ昇段する。
☆修学旅行で大分(別府)、宮崎(青島、八紘一宇の塔)、鹿児島(桜島、島津別邸)等へ行った。
 #お土産にパイナップルを買った。
1966 S.41 16 福岡県立朝倉東高等学校へ入学する(4月)。
 #大学へ行く学費を捻出できる見通しが無かった為、就職に有利な高校を選択する。

☆剣道部が無かった為、野球部へ入部する。
☆初恋の女の子に、手紙(ラブレター)で思いを打ち明けて交際を始める。
ビートルズ来日
1967 S.42 17 ☆高体連主催・高等学校軟式野球・福岡県大会で優勝する。
 #高等学校長より、表彰を受ける。
1968 S.43 18 ☆3月:BOM(某都市銀行)の就職試験(一次面接)を受ける。
☆4月:BOMへの就職が内定する。
★修学旅行で関東(東京、日光、鎌倉等)へ行く。
 #移動は殆どバスだったが、大阪〜東京間は新幹線に乗った。
   ・初めての新幹線は線路沿いの電信柱が流れるように飛んだ。
 #乗り物に弱かった私にとっては地獄の旅行だったが、何故か楽しかった。
 #旅行を終えて学校に着いたら、もうバスに乗りたくなくて自宅まで歩いて(4km強)帰っていた。、
   ・心配した母が自転車で迎えに来ているのに出会った。・・・何だか、嬉しかった。

☆10月:BOMの就職試験(ニ次面接&筆記)を受け、BOMへの就職が確定する。
3億円事件
1969 S.44 19 ☆1月31日:普通車免許を取得する。
☆3月17日〜31日:BOM新人研修で東京へ行く。
☆4月1日:九段会館のBOM入行式に出席する。
 #入行式を終え、夜行列車で赴任地・熊本市へ向かう。
☆4月2日:BOM入行に伴い、熊本市湖東町の独身寮へ転居する。

人類初めて月面に立つ(アポロ11号)
1970 S.45 20 ★この頃、初恋の女の子と別れる。
1971 S.46 21 仕事が終われば、殆ど毎日飲んでいた。
1972 S.47 22 ☆5月:BOM本部(コンピュータ・システム開発部門)への転属通知が来る。
☆6月:転属により、東京都千代田区(BOM麹町寮)へ転居する。

☆8月:3ヶ月間のコンピュータ導入教育を終え、開発現場に配属される。
1973 S.48 23 ※11月:第2次バンキング・オン・カットオーバー。
 #カットオーバーまでの数ヶ月間は毎日3時間も睡眠出来れば良い方で、徹夜の日も多かった。
1974 S.49 24 ※2月:流動性預金決算処理カットオーバー。
 #前年の2次オン・カットオーバー以降も、毎日3時間も睡眠出来れば良い方で、徹夜の日も多かった。
1975 S.50 25 ※深夜に度々、電算センターからお出迎えのタクシーが来た。
 #その時は何時もセンターに向かうタクシーの中で、寝ぼけた頭でプログラムのロジックを追っていた。
   ・結局、私の担当プログラムの原因で無く、他プログラムの問題が多かった。
1976 S.51 26 ☆6月:BOM仔会社(システム部門)へ出向する。
☆同月:杉並区(BOM高円寺寮)へ転居する。
 #毎朝、出社前にランニングしていた。
1977 S.52 27 ☆練馬区(BOM練馬寮)へ転居する。
☆6月:コンピュータ分散処理研究の為に、米国へ15日間(ニューヨーク→ミネソタ→アリゾナ→サンフランシスコ)出張する。
 #初めての海外で、何もかもが新鮮だった。
  米国出張の想い出へ

◎5月20日:【新東京国際空港開港】 新東京国際空港(成田空港)が、4000mA滑走路1本のみで開港。
1978 S.53 28 ☆2月:BOM独身寮を出て葛飾区(民間マンション)へ転居する。
☆3月3日:福岡市内の結婚式場で式を挙げる。
☆3月4日〜9日:新婚旅行でハワイへ行く。
★文京区本郷にある東大病院に入院していた嫁さんの弟が死去する(3月29日)。
 #享年22歳・・・・・若過ぎる、壮絶な死だった。
★嫁さん入院、そして緊急手術。

#担当医師の誤診で殺されるところだったが、副院長の機転で助かった。
  ・夕方、嫁さんの隣に元気な顔で挨拶して入院してきた婆さんは、看護婦が酸素吸入始めたら、直ぐに死んだ。
  ・婆さんと入院の挨拶を交わして1持間も経たない間の出来事だった。
  ・そして、シーツに残った婆さんの髪の毛を見て、嫁さんが恐がった。
1979 S.54 29 ☆柏市(BOM一戸建て社宅)へ転居する。
1980 S.55 30 ☆11月26日:長男が誕生する。
1981 S.56 31 ☆どうせ家賃を払うならと、投資の目的でマイホーム(庭付き一戸建て)を買おうと思い立つ。
 #色んな販売現地に出かけて調査を始める。
1982 S.57 32 ☆3月5日:次男が誕生する。
☆3月中旬:思い切って、庭付き一戸建て住宅を購入する。
☆4月初旬:新居へ転居する。
1983 S.58 33 ☆6月:BOMシステム部へ転属する。
☆8月:第2.5次バンキング・オン(CAMS)を担当する。
1984 S.59 34 ※4月:第2.5次バンキング・オン・カットオーバー(商品名:CAMS)。
☆5月:第3次バンキング・オン(共通系)を担当する。
1985 S.60 35 ☆長男が幼稚園へ入園する(4月)。
1986 S.61 36 1月:第3次バンキング・オン(アプル系)を担当する
☆4月:次男が幼稚園へ入園する。
1987 S.62 37 ☆4月:長男が小学校へ入学する。
☆4月18日:バイクの中型免許を取得する。
※10月:第3次バンキング・オン・カットオーバー。
1988 S.63 38 ☆4月:次男が小学校へ入学する。
1989 H.01 39 ☆8月:バイクの限定解除に3回目で合格する。
1990 H.02 40 ☆12月:BOMシステム部システム企画室へ異動となる。
 #システム開発の現場から離れて、企画・管理する側となる。
1991 H.03 41 *システム監査を手がける。
1992 H.04 42 *担当調査役が多部門に異動となり、後を引き継ぐ。
1993 H.05 43 ☆長男が中学校へ入学する(4月)。
1994 H.06 44 ☆4月1日:会社(BOM)から永年(25年)勤続表彰を受ける。
 #金バッチ、旅行券、表彰状を貰う。

☆4月次男が中学校へ入学する。
1995 H.07 45 *BOTとの合併準備に追われる。
1996 H.08 46 ☆4月:長男が高校へ入学する。
★4月1日:会社(BOM)がBOTと合併し、社名がBTMとなる。
1997 H.09 47 ☆4月次男が高校へ推薦入学する。
☆4月BOMとBOTのオンライン・システムを統合。
1998 H.10 48 ☆カワサキZRX1100を買う。
☆8月:ZRX1100で、九州の実家に里帰りツーリング。
 #往復2,500km、両手が痛かった。
1999 H.11 49 ☆4月:長男が大学へ入学する。
☆4月30日:長年勤務したBTMを準定年退職。
 #勤続年数は、30年と1ヵ月だった。
   ・これ以降1年間は、浪人生活を送る。
2000 H.12 50 ☆2月:次男がフリーター宣言をする。
 #う〜ん、ま、いいか。人生は長い、ジックリ考えろ!
☆3月27日:地元の会社に、SEとして再就職。
☆7月16日:ホームページ「Wild Bikers」を開設。
☆7月29日〜31日:次男と二人、バイクで鈴鹿8耐観戦ツーリングへ行く。
☆11月26日:車(SUBARU LEGACY B4 RSKへ)を買い替える。
◎シドニーオリンピックで、同じ佐倉市に住んでいた女子マラソンのQちゃんが、金メダルを獲る。
2001 H.13 51 ☆1月:長男の成人式。
 #時の経つのは早いものだ、私も歳を取ったなぁ。
☆3月11日:ホームページ「風変人」を開設。
★4月14日:義父(カミさんの実父)が他界する(享年72歳)。

 #4月15日から次男と2人で2年振りに帰省する。
  ・千葉の自宅からカミさんの実家(福岡県うきは市)まで、車で14時間30分かかった。
★8月:地元の会社を退職する。
2002 H.14 52 ☆次男が成田空港で働き始める。
☆1月〜6月:神田のソフトウェア会社で某地方銀行のシステム開発に参画する。
☆9月から長崎市で某地方銀行のシステム開発に参画する。
 ・徒歩(20分)で通勤できた。
☆九州での移動用として、中古車(トヨタRAV4-J)を買う。
2003 H.15 53 ☆3月:長男が大学を卒業する。が、就職せず。
☆4月20日:長崎を引き上げ、自宅に戻る。
☆5月7日から都内(品川区)で某地方銀行のシステム開発に参画する。
 ・通勤時間が1時間45分と長くなる。
2004 H.16 54 ☆4月1日:長男が某自動車専門学校に入学する。
☆8月20日:某地方銀行のシステム開発引上げ。
☆10月6日:某信託銀行の統合作業に参画する。
2005
H.17 55
☆長男の就職が某重機メーカーに内定する。(一安心)
☆11月30日:次男が成田空港の仕事を辞める。
☆12月29日:某信託銀行の統合作業が終り、引上げ。
2006
H.18 56 ☆1月4日:某都市銀行の統合作業に参画する。
4月1日:長男が重機メーカーに入社し、家を離れる
☆12月23日:次男が某自動車専門学校の試験に合格す。(一安心)
2007
H19
57 1月21日:愛犬「HAPPY」死す(享年18歳・・・人間だと八十数歳だろう)
4月1日:次男が某自動車専門学校に入学する。
4月3日:父が他界する(享年89歳)。
2008 H20 58 1月19日:長男の婚約が整う。5月に結婚予定。
☆3月10日:某都市銀行統合作業の上流工程作業(設計・開発)がほぼ完了、3月末引き揚げ決定。