杷木地方の民話:逃げた大蛇

 
 昔々、中村ん山ん奥ん池に、一匹の大蛇が住んじょったげな。
 こん池は、大蛇が住んじょるじゃろか、どげな旱魃の時でん、不思議に水の涸れる事はなかった。日照りが続いて困った時も、こん池んそばじ雨乞いをすると、ちゃーんと雨が降ったげな。


 ところでくさ、こん池ん大蛇は、鎌やら鉈んごたる金物が、えらーい好かじゃったげな。
 ある日、一人の若け者が、こん話がほんなこつかどうか試してみろうと思うち、家ん鎌を持ち出えち、大蛇の居りそうな所に投げ込んだげな。そうしたら、空から真っ黒な雲が降じって来て、ピカピカッと稲光りがして、池ん表面に大きな渦巻きが起こり、おっそろしい顔をした大蛇が出て来て、そん雲に乗ると、悲しそうな声じ啼きながら、中村ん上をニ・三回って、どっかに飛んで行ってしもうたげな。大蛇が居らんごつなった池は干上がってしもうち、日照りが続いたとき、いくら雨乞いをしたっちゃ雨はいっちょん降らんごつなってしもうたげな。
 中村ん人たちゃ、ばさろ困って、「こりゃおおごつになってしもうた。大蛇様んばちがあたったつばい。
      
 どうしたっちゃ大蛇様を探しだしてお詫びをいわにゃへげんばい」ちいうこつになって、大蛇が飛んで行った方を探して廻ったげな。
 何日も何日も探しって、やっとかっと、大蛇が星野村ん「池の山」ん大池に居るこつがわかった。
 中村ん人たちゃ、すぐに星野村に行って、池んそばにお神酒を供えち、 「大蛇様、悪さをしてすんまっせんでした。もう、あげな悪さはぜったいしまっせんき、どうぞ、これえっつかあさい。旱魃の時でん、もとんとおり、どうぞ雨を降らせちくださいまっせ」 ち、大蛇にお詫びやらお願いをしたげな。
 それからのちゃ、いくら日照りが続いたっちゃ、中村ん人が雨乞いに行くと、また元んとおり雨が降るごつなったげな。
 それからくさ、こん頃、中村じゃ葬式のときんにゃ、龍の形をした燈籠を作って、お棺の両脇に立てよったげなばってんか、大蛇が逃げち行ったのちゃ、龍の彫り物は作らんごつなってしもうたち。
      
そげなこつがあってから、「中村」は「大蛇が啼いた村」ち言うこつから「啼き村」ち言いよったげな。そりが「中村」になったつげな。
池があったち言う所は、えらい山ん奥で、今は池なんか全然見当たりまっせん。ばってんか、そこにゃ広い窪地があって、そこへんは昔から「池ん塔」ち言う名前で呼ばれよります。
      


終わり