松岡 洋右
(まつおか ようすけ)




松岡洋右は、明治13年(1880年)、山口県室積の回船問屋に生まれました。
 苦学してオレゴン州立大学を卒業後、明治37年に外交官となったのですが、第1次世界大戦後の国際協調時代に背を向けるように退官し、南満州鉄道に入社ました。

 山本条太郎総裁の下、副総裁として手腕を発揮した松岡でしたが、昭和3年(1928年) 、関東軍の高級参謀・河本大作大佐らが起こした張作霖爆殺事件は、田中義一内閣を瓦解させるとともに、松岡をも辞職に追い込みました。
 その後政友会所属の代議士となった松岡は、昭和七年に満州事変問題で荒れる国際連盟総会に首席全権として派遣されました。「リットン報告書」に基づく対日勧告案が採択されると、松岡は独断で脱退を決意し、代表団を率いて退場してしまったのです。帰国した彼を、まるで凱旋将軍のように国民は迎えました。国民の鬱積した気分を、松岡のパフォーマンスが見事に晴らしたからです。

 昭和10年には満鉄に復帰して総裁となり、昭和15年には第二次近衛文麿内閣に外相とし入閣しました。閣僚名簿に松岡の名前をご覧になった昭和天皇は、そのエキセントリックな性格を心配されたのですが、果たしてその悪い予感は的中してしまったのです。
 松岡外交は大幅な人事異動で幕を開けました。そして、平沼騏一郎内閣の時に挫折していた、ドイツ・イタリアとの提携を強化することで独自性を発揮してゆきました。三国同盟構想は、松岡の頭中では、ソ連を加えた「四国協商」構想に拡大していました。独ソ不可侵条約が存在しているのだから、これに日ソ間の新たな条約を加えれば、表面上は日独伊ソの提携が成立します。対米戦争を避けるためには、どうしても4国の結束が必要だと松岡は考え、まず日独伊三国同盟に調印しました。

 しかし国際関係はそれほど単純なものではありませんでした。中・西欧での侵略を終えた両国は、鬼門であったバルカン半島にドイツが侵入したことで一触即発の情勢になっていました。ヒトラーは松岡との会談で独ソ開戦を暗示し、日ソ条約の締結に反対しましたが、松岡は自分の構想に酔っていました。松岡は訪欧の帰途モスクワを訪問し、スターリンとの間に日ソ中立条約を結びました。そしてルーズヴェルト大統領の信任の厚いスタインハート駐ソ米大使と面会し、大統領への蒋介石政権との調停を依頼し、今度は対米関係改善に乗り出すつもりだったのです。

 意気揚々と帰国した松岡を待っていたのは「日米交渉」のニュースでした。自分を介さない交渉に対して露骨に不満を示した松岡は、それを棚上げした上で自ら交渉に乗り出し、米国側の不信感を増幅させてしまうのです。
 そして昭和16年6月、独ソ開戦の報に触れると、参内して昭和天皇に対ソ開戦を進言するなど、近衛は松岡を持て余し始めます。そして彼を更迭するために、一旦総辞職したのです。
 対米戦争勃発の報を聞いた松岡は、涙を流して三国同盟の締結を悔いたと伝えられています。





<余談>

数年前まで、私(蒼影)の自宅の2軒隣に住んでおられたのが、松岡洋右氏の孫嫁「松岡●子」さんでした。
  今は実家の仕事の関係で郷里の山口県光市にお住いで、千葉県佐倉市の自宅は借家となっています。

  松岡さんとは、近所なので何度か言葉を交わしまたことがあります。
  ご主人の仕事の関係で外国での生活が長かった所為か、とてもハイカラな女性でした。
  私が着ていたピンクのTシャツ(サイパン旅行の土産物)を誉めてくれたのも、この女性だけでした。
  <<< 関係無いか! >>>

  松岡洋右氏の孫嫁という事は、数年前に郷里の山口県光市に戻られた後に人伝えに聞きました。
  父と関連のある人と郷里から遠く離れた処で会えるとは、偶然とは云え因縁を感じます。