久留米藩(有馬家21万石


九州・筑後国・久留米は関ヶ原の戦までは、毛利元就の庶子で、輝元に実子ができるまで毛利家の世継ぎに擬せられていた毛利秀包が別家を立てて、所領としていた。その毛利氏は関ヶ原の戦で敗れ、除封された。
その後に、有馬豊氏が関ヶ原の戦功で丹波福知山6万石を得て、久留米藩を立藩し、筑後国・久留米へに入った。
あまり目立たない大名家だが、21万石は大封で、佐竹家や南部家よりも大きく全国20位の大藩である。

有馬豊氏は秀吉取り立ての豊臣大名と言って良い。しかし、関が原の戦では、東軍(徳川方)に組した。関ヶ原の戦で東軍(西軍は豊臣方)となった豊臣大名は、論功で倍増以上の加増を受けるケースが多かったが、その後は理由を構えて改易となっている家が多い。そんな中で、有馬家は大過なく明治まで封を守った。

幕末には尊王攘夷の急先鋒、真木和泉が出ているが、藩論自体は終始佐幕で、戊辰戦争に参加するのは鳥羽伏見以降である。


歴代藩主

 

藩主

出自(実父・嫡出関係)

初代

有馬豊氏(とようじ)

有馬則頼の二男

二代

有馬忠頼(ただより)

有馬豊氏の二男

三代

有馬頼利(よりとし)

有馬忠頼の三男

四代

有馬頼元(よりもと)

有馬忠頼の四男

五代

有馬頼旨(よりむね)

有馬頼元の二男

六代

有馬則維(のりふさ)

旗本300石石野則員の二男で、初代豊氏の弟有馬豊長の子有馬則故3千石の養子となっていたが、宗家に後継がなく急遽養子となる。

七代

有馬頼僮(よりゆき)

有馬則維の五男

八代

有馬頼貴(よりたか)

有馬頼僮の長男

九代

有馬頼徳(よりのり)

有馬頼貴の長男有馬頼端(よりなお)の長男

十代

有馬頼永(よりとう)

有馬頼徳の四男

十一代

有馬頼咸(よりしげ)

有馬頼徳の七男



有馬氏の居城「久留米城」のあった現在の久留米市の概


【筑紫平野の中心】
 筑紫平野の中央、九州一の大河・筑後川と緑なす耳納連山とに抱かれた県南の中核都市。
 江戸時代は久留米藩21万石の城下町、明治時代は軍都、戦後はゴム工業・商業の拠点として発展。
 久留米地方拠点都市地域の中心都市。

【基幹産業創出へ】
 農業は、耕地面積、農業粗生産額とも県下1位。施設園芸や花き類などの高収益型作物への転換が進むも、農業所得の伸び悩み、担い手不足などの課題を抱える。基幹産業のゴム産業は、有力企業の会社更生法適用や産業構造の変化などにより、工業出荷額、従業者数が減少。ベンチャー企業の育成や新たな基幹産業の創出が課題。

【特産・地酒】
 自動車タイヤ、シューズ、籃胎漆器、菓子、久留米つつじ、花卉、柿、久留米絣

【イベント】
 大善寺鬼夜(1月)、善導寺開山忌(3月)、つつじフェスタ(4月)、つつじ・さつき祭(4〜5月)、水天宮春・夏大祭(5・8月)、高良大社川渡祭・おくんち(6・10月)、王子若宮八幡宮動乱蜂(9月)、農業祭(11月)

【日本一】
 つつじ、高良山、水天宮、ラーメン

【有名な出身者】
 田中久重(東芝創始者)、石橋正二郎(ブリジストン・タイヤ創始者)、井上伝(久留米絣の始祖)、青木繁(洋画家)、坂本繁二郎(洋画家)、松田聖子(歌手)、藤井フミヤ(歌手)、中野浩一(元競輪選手)、藤吉久美子(女優)、石橋凌(俳優)、鮎川誠(ロッカー → シーナ&ザ・ロケッツ)、坂口征二(柔道家、プロレスラー)、などたくさん輩出しています。
 漫画家の松本零二さんも久留米生まれです。
 「上を向いて歩こう」で有名な中村八大さんも高校時代を久留米で過ごしています。

浮羽ノ庄(現在のうきは市浮羽町)

浮羽町は、水と緑が豊かな町で調音の滝公園周辺は、平成7年8月に林野庁の水源の森百選に選定され、春から夏の新緑、秋の紅葉と多くの人々を引きつけている。
また、湧水の清澄さから開山された清水寺の湧水は、季節の移りにかわりなく、約1,000m3/日があり、日本の名水百選として誉高く、多くの人に親しまれている。
町の山腹から、ふもとにかけては果樹地帯が広がり、ブドウ、梨、柿等、一年中甘い香りが漂うフルーツの町でもあり、観光農園として楽しめ、近くには「一の瀬焼」の5軒の窯元もあり民陶として喜ばれている。
筑後川河畔には、筑後川温泉郷があり屋形船に乗り、温泉情緒と川魚料理を味わうこともできる。
町では、地域の特性を生かした地域づくりを整備中で、妹川谷を「滝のある谷」に、合所ダム上流は「岩のある谷」として長岩城周辺の開発を行い、小塩川筋は「ホタルのすむ谷」として、中山間地域の活性化事業に取り組んでいる。