50回全国高校軟式野球選手権大会北部九州大会
朝倉東「制覇へ自信」 高校軟式野球大会
 第50回全国高校軟式野球選手権大会(日本高校野球連盟主催、毎日新聞社、朝日新聞社など後援)に北部九州代表として出場する朝倉東高校の選手らが、福岡市博多区の朝日新聞福岡本部や県庁などを訪れ、健闘を誓った。

 朝日新聞福岡本部には選手とマネジャー、野中修校長、尾西徹監督の計22人が訪問した。森純一・報道センター長が「甲子園で行われている硬式に比べると軟式は地味だが、やっている人が楽しみ、見る人が感動するという点では同じ。全国大会でも頑張ってください」と激励した。

 全国制覇の自信を問われた倉地達也主将は「自信はあります」と力強く答えた。

 尾西徹監督は地方大会を振り返り、「結果的には苦しい戦いを経験できて良かった」。そして「目標は全国制覇。やることをやれば結果はついてくると思う」と述べ、野中校長も「ぜひ優勝報告をしたい」と話した。

 朝倉東高にとって22年ぶり2回目の出場となる全国大会は、25日から兵庫県・明石公園、高砂市の両球場で開かれ、代表16校で競われる。


朝日新聞2005.08.13

7月30

1 奈留(長崎) 3−2 津久見(大分)

2 五島南(長崎) 0−3 朝倉東(福岡)

8月1日

決勝

奈留 3−4 朝倉東

*朝倉東*
*全国大会出場*