千年川(筑後川)

筑後川、それは九州第一の河川であり、板東太郎(利根川)、吉野三郎(吉野川)と共に、筑紫次郎ともよばれ、国内有数の大河川である。
この筑後川は、数多くの文献、伝説等を残しながらも、公式に「筑後川」と呼称されるようになったのは、寛永13年(1636年)である
筑後川はその古名を『ちとせ川』(千年川)、「一夜川」、時には、筑前、筑後両国の中間にあるため『筑間川』とも呼ばれていた。

■ちとせ川(千年川、千歳川)
鎌倉時代(約660年前)藤原長清撰集による「夫木和歌抄」第24、河の部には、ちとせ川(筑前)光明峰寺入道攝政の証歌として次の一首がある。
「君か為かきりもあらし千とせ川ゐせきの波のいくめくりとも」
江戸幕府時代(約300年前)僧澄円の「歌枕名寄」第35巻、西海部上には、
「我君のなかれ久しきちとせ川波しつかなる世につかへつつ」
さらに明和、安永の頃(約200年前)の「米藩誌文選」巻1に、中村梅塢(筑後国・久留米藩・儒者)が 「中秋冷舟千年川」の詩をよみ寛政7年(1796年)蝶夢の編集した「俳譜名所小鏡」の筑後の部「千歳川」に蝶酔の句として 「菜の花の色もはてなし千歳川」 とあり、この頃にはもう筑紫平野に菜種の植付がなされていたようである。

文政、天保年間(約130年前)ごろになると名称の由来、古名等が判然としてくる。筑前の国学者青柳種磨の「筑前続風土記拾遣」には、

「千年川、此川筑前筑後両国の堺にありて両国に属す、川の中流を以って両国の堺とす、筑後の間を流るること長き故に世に筑後川とも云い・・・・・・千年川は古名也」

と記してあるところから、千年川が当時の流域住民に愛称きれたことは容易に推察できる。
千歳川のいわれについては、”(社)歴史と自然を守る会”の会報に、田中正日氏が執筆された文章のなかに、その記述が有るので、以下抜粋を一部編集して掲載させて頂く。

「磐瀬行宮に入った斉明天皇は、那大津を長津に改称したといった。朝鮮半島の表玄関の役割を果たした那大津が、今後も長く栄えることを願ってのことである。そして同じ願いは、朝倉橘広庭宮の「橘」にも込められていた。
垂仁天皇紀には、田道間守が「神仙の秘区」といわれる「常世国」に「非時(ときじく)の香菓」を探しに行った話がある。トキジクの香菓は、時を選ばずにいつでも実る香しい果実であり、今の橘(柑橘類)を指している。常緑性と香りが推賞されて、聖武天皇は橘諸兄一族への祝賀歌に「橘は実さへ花さへその葉さへ枝に霜降れどいや常葉(常世)の樹」 (万葉集、巻六−一〇九)と詠んでいる。

志波地区(福岡県朝倉郡杷木町)の東側の高山(香山)は、地元では香具山とも呼ばれている。香菓山が変化したものであろう。また近くを流れる筑後川の古名は千年川(千歳川)で、不老長生に因んでいる。六十八歳の斉明天皇が、志波の台地を神仙境になぞらえて残った呼称だと考えている。」
(「ふるさとの自然と歴史」1998年3月第267号、田中正日氏執筆”斉明天皇と朝倉宮”より)

尚、この田中氏の”筑紫平野からの古代史検証”の執筆文には、、「橘田」「中島」の地名の由来や、千歳の語源が大和朝廷の神仙思想基づくこと、さらに、当時、筑後川流域に設けられた「朝倉橘広庭宮」と筑後川の河道変遷の関係等も考察も含めて検証されている。

筑後川を下流から望む 「朝倉橘広庭宮」は、向かって川の左(右岸側)に設けられていたとの説が現在では有力。河川は、当時は、向かって放水路よりもっと右側を流れていたと考えられている。 行宮があった付近の航空写真