筑前国(ちくぜんのくに)

福岡県の大部分の旧国名。
西海道の1国。
国府と国分寺は今の太宰府市におかれた。
略称「筑州」。
古くは筑後と合わせて筑紫(つくし)国といった。
大陸との交通の要地で大和朝廷によって行政・外交を受けもつ官がおかれ、後に大宰府に発展した。
鎌倉時代には、武藤氏が大宰少弐(だざいのしょうに)を世襲、室町時代大内氏の領国となって、博多の対外貿易は盛んになった。
豊臣秀吉の九州平定後は、小早川隆景(たかかげ)が領有し、江戸時代になると黒田氏が代々明治に至るまで領有した。