ビートルズ来日

ビートルズ来日
1966年(昭和41年)6月29日午前3時40分着の日航機で、ビートルズが来日。機内サービスのハッピ姿でタラップに立つ。
下の段から、ポール・マッカートニー、ジョン・レノン、リンゴ・スター、ジョージ・ハリスン



 1958年にイギリスで生まれた4人組のボーカル・グループのビートルズ一行が1966年(昭和41年)6月29日、日本にやって来た。

 折から、台風4号のあとで、新たな“台風”の襲来に警備陣や関係者はピリピリ。4人とも独特のオカッパ頭に機内サービスのおそろいのハッピ姿で降り立ったが、到着が午前3時過ぎとあって出迎えはわずか300人。予想された混乱もなく平穏にホテル入りした。

 しかし、6月30日に東京の日本武道館で行われた初公演には、はがきによる入場券申し込み21万枚から選ばれた約1万人が押しかけ、警視庁は1000人の警備陣。32分間で11曲を披露したが、ハンカチを振りつづけ、とんだりはねたり、わめいたり、絶叫と泣き崩れる若者たちの“狂態”ぶりに歌は全く聞こえず、警備の警官たちもボウ然、あんぐり、ウンザリ…。この日を含め合計5回の公演を行ったあと“ビートルズ台風”は7月3日に日本を去った。

 ビートルズは、その後も世界各地を興奮と熱狂に巻き込みながら歌いまくり、毎年ヒット・チャートをにぎわせたが、1970年に解散。1980年には、元メンバーのジョン・レノンが射殺される悲劇もあったが、1996年には、3人で新曲を打ち出し世界最高のアルバム売り上げを記録するなど、今もファンを魅了し続けている

蒼影の年譜へ==><==自己紹介へ


  

今、流れている曲は、ビートルズの「Hey Jude」です。