あさくら讃歌 幻の卑弥呼の国

「あさくら讃歌」は、甘木・朝倉広域市町村圏事務組合の委嘱により、郷土(朝倉市甘木地区)出身の作家、「後藤明生」氏が詩を書き、それを「三善晃」氏が作曲した合唱曲である。

初演は、1992年5月10日、地元の7つの合唱団による合同演奏である。
平成4年には、朝倉市甘木地区の文化会館に天皇皇后両陛下をお迎えして、「あさくら讃歌」が披露された。

「あさくら讃歌」には、朝倉の歴史、文化、自然、そしてそこに生きる人々の姿が生き生きと描かれている。

合唱曲の特徴としては、朗読と音楽が併行して進行すること、そして太鼓と笛という邦楽器が協奏を受け持っている点が挙げられる。この見事な構成により、8編に及ぶ長大な詩が伝える「朝倉への畏敬と限りない愛情」が、余すところ無く表現されている。


各編の解説
  1. 「プロローグ/幻の卑弥呼の国は…」
     邪馬台国の所在に関する論争は続いているが、朝倉の人々が強く支持するのが「邪馬台国、朝倉説」。筑紫の国と大和地方の地名が驚く程に一致しているのも、誠に不思議である。「あさくら讃歌」は、幻の卑弥呼の国を探し求める旅人の声により、幕を開ける。
  2. 「樹の精霊」
     歌は“あさくらは、精霊の国”で始まる。前半は、樹齢二百年から五百年といわれる「行者の杉の精霊」、後半は、樹齢千五百年を筆頭に、あちこちで見られる大木の「楠の樹の精霊」が歌われる。町の中の「お寺」と「神社」にある2本の楠の樹が、真夜中にフクロウの声でおしゃべりする、という伝説は誠に幻想的。
  3. 「菜の花の迷宮」
     春になると筑後川の岸辺、その他至る所に菜の花の大群生が見られる。地域の人々にとって、これはまさに「原風景」なのであろう。曲の中間部において、お婆さんからお母さんへ、そして私から子供達へと歌い継がれてきた「菜の花の国」が挿入される合唱編曲は素晴らしい。
  4. 「エロスとタナトス」
     古代からこの地には、歴史上の重要な人物が往来していた。まず、万葉集、小倉百人一首、新古今集に収められている彼等の歌、続いて朝倉の桂の池を舞台にした謡曲「綾鼓」の一節、そして最後には、郷土出身の文学者、宮崎湖処子の詩に皇后陛下が作曲された「おもひ子」が歌われる。古来より、人はこの地で生き、愛し、そして去っていった。しかし、それらすべての人々が生きた証の重層が、「現在」として息づいているのである。
  5. 「樹の精と風と鳥たちのコロス」
     曲は一転しておどけた調子になる。「…ゲナ」とは、「…だってさ」というような軽やかな話し調子に使う方言。そこで「幻の邪馬台国は甘木ゲナ」と言っておいて、すぐに「ゲナゲナ話は 嘘じゃゲナ」なんて肩すかしを食わせる。樹の精と風と鳥たちの、ユーモラスで無責任な掛け合い話し。
  6. 「秋月の思い出」
     朝倉の観光名所の筆頭とも言える「秋月」。古処山の懐に抱かれた静かな城下町は、戦国の時代、そして明治の初期には、武士達の無念の血が多く流れた地でもある。笛の音が、大きな起伏で、秋月の歴史を鮮やかに彩り、合唱はヴォカリーズにより、人々の情感の奥行きを描く。
  7. 「婆沙羅」哲学
     「婆沙羅」とは、“豊かさ そして ゼイタク 量だけではない 質のゼイタク”だという。朝倉のさまざまな風物が、悠然とした行進を鼓舞するような太鼓の音と共に、語り、そして歌われる。
  8. 「エピローグ/筑後川、メビウスの帯のような」
     曲の締めくくりは、この地を育んできた「筑後川」への讃歌。そして、その悠久の流れを前にして、“千年の川が生んだ 「あさくら」の伝統を、いま、私たちは語り継いでゆこう、未来に向かって”と高らかに宣言して全曲が閉じられる。


歌詞

1 プロローグ/幻の卑弥呼の国は・・・ 2 樹の精霊 3 菜の花の迷宮 4 エロスとタナトス
5 樹の精と風と鳥たちのコロス 6 秋月の思い出 7 「婆沙羅」 哲学 8 エピローグ/筑後川、メビウスの帯のような

1 プロローグ/幻の卑弥呼の国は・・・

幻の邪馬台国は どこでしょうか?
幻の邪馬台国は いずこなりや?
むかし
むかし
むかし
『魏志倭人伝 』 に書かれた
幻の女王の国
幻の卑弥呼の国は・・・。

あなたは どこから来たのですか?
そして どこへ行くのですか?

私は旅人
歩き続ける旅人
「未知 」 としての「過去 」 を捜し求めて
「未知 」 という「過去 」 との出遇いを求めて
どこまでも
いつまでも
歩き続ける旅人

幻の邪馬台国は どこでしょうか?
幻の女王の国
幻の卑弥呼の国は どこでしょうか?



2 樹の精霊


あさくらは 精霊の国
小石原焼きの 小石原へ行って見給え!
英彦山の修験者たちが
一本一本植えたという 「行者の杉 」
樹齢は二百、三百、四百
そして五百年。
なかには 「行者の父」 「行者の母」 という杉もある。

そして 「行者の王」。
それらは もはや杉の樹の精霊
杉の樹の魂。
彼らは
どんな声で 何を語り合うのだろう?
風や鳥たちと 
どんなお喋りをするのだろう?
風や鳥たちと歌う
彼らの合唱を
こっそり 聞き耳頭巾で聞いてみたい。

むかし
むかし
むかし
あさくらの 「名乗りの関」を
通れなかった旅人
通りたくない旅人たちが隠れたという隠家の森
その隠家の森の 樹齢千五百年という大楠
根回り日本一という楠の王者。
また 伝説によれば
甘木の 須賀神社の 「青樟」 は
甘木の 安長寺の 「赤樟」 と
人々が寝静まった丑三つ刻
互いにフクロウの声で
お喋りをするという。
男楠の 「青樟」 と
女楠の 「赤樟」 は
フクロウの声で どんなお喋りをするのだろう?
こっそり 聞き耳頭巾で聞いてみたい。



3 菜の花の迷宮

あなたの
私の
君たちの
僕らの
おばあさんが歌っていた歌。
あなたの
私の
君たちの
僕らの
お母さんも歌っていた歌。

  うららうららと 筑紫の春は
  菜の花田んぼで 名高いお国
  たんぼうらうら どこまで続く
  菜の花こがねの
  御殿へつづく
        (近藤思川・作詞 『菜の花の国』)

あさくらは 菜の花の国
ああ その菜の花の
黄金色の迷宮
黄金の迷宮
その黄金の迷路に迷い
迷い
迷い
迷い
さまよい歩き
迷子になって 日が暮れた
幼かりし日々よ
たのしかった日々よ
ああ 懐かしい
過ぎ去った日々の思い出よ

あさくらは 菜の花の国
その菜の花の
黄金の迷宮
 「菜の花こがねの御殿」 はどこでしようか?
 「菜の花こがねの御殿」 はいずこなりや?

母よ
私は その幻の御殿を求めて
いつまでも
どこまでも
菜の花の迷路の中を
迷い続けて行きたい。


4 エロスとタナトス

人は どこから来て
どこへ行くのでしょうか?
むかし むかし
大宰府政庁の長官となって
はるばるやって来た 大友旅人。
その旅人が 夜須のどこかで
独り酒を飲んだ
そのときの歌。

君がため 醸みし待ち酒 安の野に
独りや飲まん 友無しにして
                     (『萬葉集』 巻四)

また 誰でも知っている
 『小倉百人一首』 の歌。

秋の田の かりほの庵の 苫をあらみ
わが衣手は 露にぬれつつ
                       (天智天皇)

また もう一首
 『新古今集』 の歌。

あさくらや 木の丸殿に わがおれば
名乗りをしつつ 行くは 我が子ぞ
                       (天智天皇)

今から千三百何十何年か昔
あさくらから生まれた
古代史のドラマ
そして 謡曲 『綾の鼓』 は
そのドラマから生まれた。
愛と死の物語
エロスとタナトスの饗宴・・・。

 「これは筑前の国 この丸の皇居に仕へ奉る臣下にて候。
  さてもこの所に桂の池とて名池の候に、常は御遊の御座候。
  ここに御庭掃きの老人の候が、忝くも女御の御姿を見参らせ、
  しづ心なき恋となりて候」
                         (『綾鼓』)

人は生き
愛し
そして どこへ行くのでしょうか?


○おもひ子

いづれの星かわが庭に
捨てわ子とはなりにけむ、
汝が愛らしき面には
天つひかりの輝やけり。

いかなる書のかけりとも
徴ありともわかねども、
汝が顔ばかりいつ見ても
いつまで見ても飽きたらず。

世のうさゆゑに晝となく
夜となくくもる我が胸も、
ひかる汝が目に見られては
はれて嬉しくなりぬなり。
          (宮崎湖処子・作詞 『おもひ子』)



5 樹の精と風と鳥たちのコロス

 (ソロA)
幻の邪馬台国は どこでしょうか?
 (ソロB)
幻の女王の国は いずこなりや?
 (ソロC)
幻の卑弥呼の国は どこでしょうか?

 (合唱)
ゲナゲナ ゲナゲナ
ゲナゲナ ゲナゲナ

幻の邪馬台国は甘木ゲナ
幻の卑弥呼の墓は 「おんがさま」 の町
三輪ゲナバイ

ゲナゲナ ゲナゲナ
ゲナゲナ ゲナゲナ

『古事記』 に書かれた 「高天の原」 をば流れよる
「天の安の河」 ちいうとはな 小石原川んこつゲナバイ。
小石原川はな 昔は 「夜須川」 じゃったゲナバイ。

ゲナゲナ ゲナゲナ
ゲナゲナ話は 嘘じゃゲナ
いやーあ sori Batten !

天照大御神がお隠れになった 「天の岩戸」 はな
宝珠山村の 「岩屋」 ゲナバイ。
 (合唱)
ゲナゲナ ゲナゲナ
ゲナゲナ話は 嘘じゃゲナ
いやーあ sori Batten !
ゲナゲナ ゲナゲナ
ゲナゲナ話は 嘘じゃゲナ
いやーあ sori Batten !



6 秋月の思い出

甘木 あさくらから
遠く離れて暮らしていた頃のこと
ある日 とつぜん
本棚に見つけた一冊の書物
それは 秋月の乱の 『秋月堂』。
すると その背文字の向うに
たちまち蘇る 秋月の思い出
まず 古処山の 「大将隠し」
巨大な岩と岩に挟まれた 「隠し岩」
また サムライたちの
聞こえるはずのない どよめきが
幻聴のように聞こえて来る
 「杉の馬場」 の 満開の桜のトンネル
そして 八丁越えの潭空庵の冷やしそーめん !
ああ あの冷たかった冷やしそーめん !
過ぎ去った
遠い夏の
秋月の思い出よ。



7 「婆沙羅」 哲学

婆沙羅とは 何だろう ?
何よりも まず 豊かさだろう
言葉の本当の意味における 豊かさ
そして ゼイタク
量だけではない 質のゼイタク
誇り高き 精神のゼイタクだろう。

あさくらは 水も Basara
緑も Basara
江川ダムの水も
寺内ダムの水も Basara

二百年 まわり続けて
いまや あさくらの名物となった
二連水車 三連水車
田園のSLと呼ばれるお前は
あさくらのドン・キホーテだ

バサラ Basari
Basare バサロ
バサラ Basari
Basare バサロ

むかし 大友・秋月の両軍が
筑後川を挟んで戦った
その古戦場。
原鶴温泉のお湯も Basara
柿食えば 鐘が鳴るなり 円清寺
杷木町の柿 杷木町のぶどうも Basara

ソメイヨシノ 四千本 !
鬼の枕古墳と向き合っている
甘木・丸山公園の桜も Basara
悠然として 時間を超え
あわてず 騒がず
そして 少しばかりトボケた
少しばかり オドケた
あくまでも自由な精神
それが
あさくらの 「婆沙羅」 だろう。



8 エピローグ/筑後川、メビウスの帯のような

「過去」 と 「現在」 が
「古代」 と 「未来」 が
そして 天と地が
ちょうどメビウスの帯のように
くるりと反転する。
あさくらは そんな幻の宇宙だ
疑う者は
恵蘇宿の木の丸殿から
筑後川を眺めてご覧 !

ナイル河が ピラミッドを生み
黄河が 萬里の長城を生み
インダス河が
遥かなるインダス文明を生んだように
あさくらの歴史は 筑後川から生まれた。
筑後川
もとの名は 千歳川
またの名は 筑紫次郎
その 千年の川が生んだ
あさくらの伝統を
いま 私たちは語り継いでゆこう
未来に向かって。
いま 私たちは歌い継いでゆこう
過去を現在につなぎ
古代を未来に くるりと反転させる
メビウスの帯のような川
天と地の境を
夢見るように流れる
永遠の川に誓って !


以上