福岡県立 朝倉東高等学校


〜求めん叡智〜

[沿  革] =朝倉中学校=
1908年(明治41年):「福岡県立朝倉中学校」 設立 (仮校舎 現・朝倉東高校所在地)
1909年(明治42年):現・朝倉高校所在地に移転
1948年(昭和23年):「福岡県立朝倉高校」に改称 (学制改革)
=朝倉高等女学校=
1910年(明治43年):「郡立朝倉女子実業学校」 設立
1915年(大正04年):「郡立朝倉実科高等女学校」に改称
1920年(大正09年):「福岡県立朝倉高等女学校」に改称
1948年(昭和23年):「福岡県立朝倉女子高校」に改称 (学制改革)
=甘木中学校=
1943年(昭和18年):夜間中学として発足
1948年(昭和23年):「福岡県立朝倉高校夜間課程」へ移行 (学制改革)
=甘木高等女学校=
1924年(大正13年):「組合立甘木実業補習学校」 設立
1925年(大正14年):「甘木実業専修学校」に改称
1936年(昭和10年):「甘木実業高等女学校」に改称
1943年(昭和18年):「福岡県甘木高等女学校」に改称
1949年(昭和24年):組合立解散のため自然廃校、希望者を「県立朝倉女子高校」へ編入
=県立朝倉高校=
1949年(昭和24年):「県立朝倉高校」と「県立朝倉女子高校」の両校合併
1951年(昭和26年):夜間課程と定時制課程の合併により定時制発足
=県立朝倉東高校=
1957年(昭和32年):「県立朝倉高校」の職業課程(商業科・家庭科)を分離し、
              専門高校として「県立朝倉東高校」 設立
1966年(昭和41年):蒼影入学
1969年(昭和44年):蒼影卒業(第12回卒業)・・・分離独立後)
1987年(昭和62年):普通科設置により専門高校から総合高校へ変革
1991年(平成03年):家庭科を廃止し、情報処理科を新設
2005年(平成17年):創立48周年目(分離独立後)
[教育目標] 急激な変化に対応し、地域社会に貢献し得る有能な人材の育成を図る。
明朗で礼儀正しく、自他共に愛し、自律性を涵養し、
生涯を学習の場と考え努力する人間の育成に努める。
[生徒像] □自ら目的意識をもち、意欲的・自発的に学習する生徒
□社会人として幅広い教養と豊かな情操を養う生徒
□健全な身体、強固な意志、自立的精神を持ち、明朗でたくましい生徒
[学校像] □自律と礼儀を重んじ秩序ある学校
□生徒の多様な能力、適性を充分に伸ばし、個性を重視教育をする学校
□国際社会で活躍する人を育てる学校
[校  訓] 「明朗・自律・礼儀」
[スクールカラー] 青?
[校章の由来] 朝の東に輝く旭光3本をもって「朝倉東」の校名を表し、学校創立時、商業科、被服科であったことから、
その旭光の間に算盤の珠3個をのぞかせて商業科、針6本をのぞかせて被服科を表した。
また、中央は太宰府店天満宮の祭神学問の神、菅公の紋所裏梅である。
[校  歌] <一番>
噫 天籟(テンライ)か 松葉風 聴け 丸山は 朝しずか その丘の辺りに 慕いきて
求めん叡智 若人の道 翠黛(スイタイ)の影 いよよ濃やか 仰がん母校 朝倉東高校
※三番まで。
[学生歌] <一番>
悠遠の 光を慕い 集い来ぬ 求めん叡智 心の燈明(あかし) 我らは学ばん 諸共に
ここ学舎は 朝日影 光ただ射す 栄えある 朝倉東高校
<二番>
経世の 事業ひたに 追い求め 弾かう珠音 響かうタイプ 若人や我等 この窓ゆ
目路遙々と 挑むれば 山の彼方は 人の世の 幸あるがごと 霞みおり
<三番>
針を持つ 小指に熱き 血は通い ふくらむ思い 香ぐわしの夢 乙女や我等 この窓ゆ
目路深々と 仰ぎみれば 空の彼方は 人の世の 幸あるがごと 澄み渡る
<四番>
現世の 波風高き そが中に 拓かん道を 学びの道を 勤め励まなん 諸共に
いざ住け友よ 堂々と 母校よ母校 栄えある 朝倉東高校
[学  科] □普通科(一般コース・英語コース)
□総合ビジネス科
□ビジネス情報科
※男女共学
[学  区] 普通科:弟8学区
総合ビジネス科&ビジネス情報科:全学区制度
[姉妹校] オーストラリアの「ナザレスカレッジ」
[兄弟校] 県立朝倉高校
[生徒数] 751人(3学年19学級)・・H12年度
[男女比] 近年は女子が多い!
[学年色](H12年度) 刺繍個所や持物によって学年判別カラーが違う
■ジャージ、体育館シューズ、グラウンドシューズ、スリッパ
 1年「青」2年「エンジ」3年「緑」
■女子ネクタイの刺繍色
 1年「青」2年「オレンジ」3年「白」
■灰色学ランの胸ポケット「AE」(朝倉東イニシャル)刺繍
 1年「青」2年「赤」3年「白」
[所在地] 〒838-0067 甘木市大字甘木116-2  TEL 0946-22-2114
[進学率] 普通科は95%以上、総合ビジネス科&ビジネス情報科は約70%以上 (専門・私立大・短大・国公立大)
[就職率] 約30%
[生徒気質] 校則が厳しくなってきても高校生活をエンジョイしている生徒が多い。
お洒落多し!
[通  称] ヒガシコー (東高)
[修学旅行] 平成16年は、「オーストラリア旅行」。
[特  色] ■オーストラリアのナザレスカレッジとの姉妹校締結により相互ホームステイ。
  英語コースが夏にオーストラリアホームステイに二週間行き、
  冬にオーストラリアから二週間日本に来る相互ホームステイ。
■各種検定試験により国家資格取得に向けての専門教育が充実。
■文化祭「朝倉東デパート」実践販売には毎年1000名以上の来客あり。
[校舎特色] ■1階が「食堂&柔道場&剣道場&卓球場」で2階が「体育館」
 体育館には本館から渡り廊下を通っても行ける。
■池がある・・・小さいけど。
■中庭
■家庭科棟・・・家庭科が存在していた時の名残だろうか?
          調理室&被服室&和室がある。
■商業科棟・・・簿記室&パソコン室&新旧汎用機室
■情報処理実習室
■総合実践室
■課題研究室
■コモンホール
[部活動]
■体育部 ■文化部 ■同好会
□柔道部
□剣道部
□卓球部
□新体操部
□軟式野球部
□陸上競技部
□サッカー部
□バドミントン部
□ソフトテニス部
□バレーボール部(男女)
□バスケットボール部(男女)
□美術部
□書道部
□写真部
□文芸部
□新聞部
□茶道部
□華道部
□食物部
□弁論部
□珠算部
□英会話部
□吹奏楽部
□電子計算機部
□タイプワープロ部
□水泳同好会
□テニス同好会
□放送同好会
□簿記同好会
□演劇同好会
□漫画研究同好会
※軟式野球部: 全国大会準優勝、国体出場。
※簿記部: 全国大会出場。
※同好会扱い:「1〜6人」・・・愛好会から発足し二年間は同好会 予算は¥10,000以内
※部      :「7人以上」・・・原則として10人以上の部員&顧問確保&練習場所確保
[学校周辺] ※「甘木(丸山)公園」
※「金毘羅神社」
※「平塚川添遺跡公園」
[イベント] □4月:「1年生体験宿泊学習」・・・諫早合宿
□6月:「朝東風祭(文化祭)」:古典にならって「アサコチサイ」と読む。
                    毎年開催&一般公開
                    毎年「朝倉東デパート」のバザーには1000人以上来校!
□7月:「ホームステイ」・・・カナダやオーストラリア
                  英語コースが夏にオーストラリアホームステイに二週間行き、
                  冬にオーストラリアから二週間日本に来る相互ホームステイ制度!
□8月:「宿泊勉強合宿」・・・阿蘇山合宿、1日10時間勉強合宿、
                   1年全員参加、2年普通科のみ、3年なし!
□9月:「体育祭」・・・普通科「Aブロック」情報処理科「Eブロック」商業科「Sブロック」
              「A・E・S」3ブロックの学科対抗大会!
□11月:「修学旅行」・・・中国旅行、H12年度から
□11月:「芸術鑑賞」・・・どのような芸術鑑賞なのか不明・・・
□11月:「鍛錬遠足」・・・毎年全学年で「秋月キャンプ場」まで歩く。
                 キャンプ場に到着したら「ぶた汁」食べ放題!
□2月:「修学旅行」・・・北海道スキー旅行、H11年度から
□2月:「マラソン大会」・・・男子7km&女子3km
□3月:「スプリング・イングリッシュセミナー」・・・英語コースの英会話のみ合宿2泊3日
[通学路] ■西鉄甘木線「西鉄甘木駅」から 徒歩約10分
■甘木鉄道(レールバス)「甘鉄甘木駅」から 徒歩約10分
■「西鉄バスセンター」から 徒歩約10分
[制  服] ■冬・・・男女共に紺ブレザー制服
■夏・・・半袖薄黄色丸襟ブラウス&グリーン調スカート
※通学カバン&コート&ベストは学校指定品
※ネーム&学年組章&校章バッジの類はない