秋月氏
三つ撫子(大蔵氏族)
   
 秋月氏は大蔵氏を遠祖とする。
 大蔵氏は後漢霊帝の玄孫が、来朝し帰化したものの後裔といわれる。

 大蔵春実は天慶三年、朱雀天皇より錦の御旗および天国の短刀を賜わり、小野好古らと共に藤原純友を追討した。
 その勲功によって西征将軍となり、御旗に大和撫子の紋があったことにより、大和撫子をもって家紋としたという。

 秋月種朝のころ、中国・九州が騒乱、少弐・筑紫・大友三家が秋月城を襲い攻めた。
 種朝は城を出て一戦を遂げ、三家の大軍を突き破り、二千余人を討ちとって、大勝利をおさめている。
 種時も、少弐・筑紫らが筑後国中の兵を率いて領内を掠略するのに、筑前国にて合戦し、大いに勝利をえている。

 秋月氏の名が最も表れてくるのは、種実の頃からである。
 大友宗麟と戦って討死した父・種方の後を継いだ種実は、郎従らを伴って、周防山口に隠れた。
 山口に毛利氏を頼って三年の後、家臣らの手によって、秋月城を大友氏から奪還、再び旧領に返り咲いた。
 永禄五年ころより、毛利氏に与し、その九州進出に尽くして大友氏と戦ったが、十ニ年頃には大友氏に降っている。

 秀吉の九州征伐のとき、島津氏に属していた。
 しかし、秀吉の大軍に抗するもあたわず、嗣子・種長とともに剃髪し、墨染の衣に身を包んで、秀吉の本陣に降り「楢柴の肩衝および国俊の刀」を献上して、本領を安堵された。

 文禄の役(豊臣秀吉の朝鮮出兵)には、種長が出陣している。
 関ヶ原の合戦では西軍に属し、弟の高橋元種(高橋氏)、肥後人吉の相良長毎らと美濃大垣城に在って、三の丸を守った。
 が、寄手の水野勝成に通じ、大垣城を落とさせる。
 その功によって、三人は戦後本領を安堵されている。


秋月氏の始祖は、武田有義の謀反をいち早く鎌倉幕府に通報した功績により、鎌倉幕府二代将軍・源頼家から恩賞として筑前・秋月荘を拝領した原田(三郎)種雄。
原田種雄は筑前・秋月荘に移り住み、姓を「秋月」と改め、秋月種雄と名乗った。
筑前・秋月氏は、初代(秋月種雄)から豊臣秀吉に敗れる17代(秋月種長)まで続いた。
敗戦後は日向・高鍋に移封され、秋月種実(筑前・秋月氏16代、種長の父)が高鍋藩を興し藩祖となる。
高鍋・秋月氏は初代(秋月種長)から明治の廃藩置県に至る10代(秋月種殷)まで続いた。