筑前秋月と歴史浪漫

主な人物

黒田氏の時代

人  物 摘          要
黒田長政 福岡藩(黒田家)の開祖。
黒田興秋 黒田長政・三男。
秋月藩・藩祖
黒田長貞 母:黒田興秋の子。
夫人:米沢藩五代藩主・上杉綱憲の娘「豊姫」
春姫 黒田長貞の娘。
日向国・高鍋藩主・秋月種美(たねみつ)夫人。
長男:日向国高鍋藩主・秋月種頴(たねひで)、次男:上杉鷹山(ようざん)を生む。
黒田長舒(ながのぶ) 黒田長貞の曾孫。
日向国・高鍋藩主・秋月種頴(たねひで)の次男
黒田長元 黒田長韶の隠居で長韶の娘婿・藩主となる。
黒田長韶の娘婿。
土佐国・高知藩主・山内豊策の五男。
黒田長元が退隠する。
(長義 →長元の三男)
封を継がす。
黒田長徳 黒田長義が没し、黒田長徳(長元の五男)が家督を継ぐ。
最後の秋月藩主
高取八蔵 高取焼の創設者
貝原東軒 貝原益軒の夫人
愿古拠  秋月藩の偉大なる儒学者
斎藤秋園 秋月藩のお抱え絵師。
亀井南冥 秋月藩のお抱え絵師。
狩野派。
宮崎織部 眼鏡橋
臼井六郎 日本最後のあだ討ちをした人(明治8年)