秋月城の紹介

所在地  福岡県甘木市野鳥 
形  式  平山城
遺  構  門、石垣、堀

秋月城

秋月城の概要
 城跡は山間の小さな集落にあり、そんなに大きな城跡ではないが、武家屋敷や土塀などが周りの景観に見事に溶け込んでいる。馬場を進むと秋月史料館があり、その先に堀と石垣が伸びている、堀には瓦を縦に埋め込んである瓦坂がかかり、さらに歩くと石段の上に長屋門が構えている。近くにかつての大手門を移築した黒門もある。城そのものの見所としてはこんなところだが、辺りの景観との調和がなんともいえぬ雰囲気を醸し出しており、心が和む城跡だ。近くの茶屋では、「甘酒」と名物である「川茸」を使った料理が出る。更に同じ名物の「葛もち」もある。
 元々、秋月は原田種雄が源頼家から秋月荘を与えられて秋月氏を称し代々栄えたが、豊臣秀吉の九州征伐により秋月氏が敗れて日向(宮崎県)高鍋に移封された。後に黒田長政が筑前を領有し、秋月に叔父の黒田図書助直之を配備した。その後、黒田長政の遺命により筑前のうち五万石を分領してから黒田長政の三男、長興が秋月藩五万石の藩主となり、元来、秋月氏が築城していた「秋月城」を改修したもの。


城の紹介
見どころ  秋月の街は、今も土塀に囲まれた武家屋敷があり、静かな谷間の小さな城下町だ。 お城だけでなく、城下町の散策がお奨め。
 杉の馬場と呼ばれる通りには、武家屋敷風の秋月資料館がある。 この通りの突き当たりが秋月城だ。 現在、秋月中学校の敷地となっているが、長屋門前の石垣と土塁、堀があり、かつての秋月城の名残を色濃く残している。 垂裕神社の参道に、大手門であった黒門が移築されている。 この門は、古処山城の搦手門を秋月城に移築したものだ。
歴  史  建仁3年、原田種雄が古処山に築城、以後、秋月氏を称して代々居城した。 戦国時代にの秋月種実は、豊前・筑前・筑後で12郡を領するまで勢力を伸ばしたが、天正15年に豊臣秀吉の大軍によって包囲され降伏する。 その後、秋月種実は、日向高鍋3万石に移された。
 寛永元年、筑前福岡城主・黒田長政の三男長興が5万石を分知され入城する。 既に元和の一国一城令があり、山城の古処山城は廃城となっていたため、秋月氏の里城を改修した。 この時の改修には、古処山城の建物も多く移された。 その後、秋月藩(黒田家)は、12代続いて明治に至った。 
アクセス
鉄  道  甘木鉄道甘木駅、または、西鉄電車・甘木線・西鉄甘木駅下車。
 大分自動車道・甘木IC−−>国道322号線
駐車場  町営駐車場(有料)を利用

古処山へ戻る→ | ←筑前秋月と歴史浪漫へ戻る