秋月 種実
(あきづき たねざね)


前書き

秋月氏は、他の地域(九州以外)から移り住んだ「島津氏」・「大友氏」・「有馬氏」・「宇都宮氏」などと違い、大蔵春実以来の筑前国土着の地頭である。

【大蔵氏】
 後漢霊帝の後裔と言われ、応神天皇の時代に日本に帰化した阿智使主を祖とする。
 朝廷の官物を収めた大蔵に仕えた漢帰化族の子孫で、後の太宰府官人として九州に勢力を持った。
 嫡流の原田氏は平氏政権のもとで勢力を振るい、多くの支流を分出する。
 江戸時代の大名家「日向・高鍋藩(秋月家)」の藩祖は、豊臣秀吉に敗れて筑前・秋月から日向・高鍋に移封された秋月種実(秋月氏16代)で、その嫡子・秋月種長(秋月氏17代)が日向・高鍋藩の初代藩主である。

後漢霊帝──献帝──石秋王──阿智使主──【大蔵】山本直──高市大領──桧前領主──家主─┐
                                             │
┌────────────────────────────────────────────┘

泉──横佩──岩三──村主──春実──種光──種材──光弘──種弘─┐
                                   │
┌──────────────────────────────────┘

└種輔─┬種宗
【鞍手氏】【新井氏】【新宮氏】
    │
    ├種平
【岩門氏】【原田氏】【秋月氏】【三原氏】【桑田氏】【砥上氏】【坂井氏】【加摩氏】
    │  
【岩戸氏】【早良氏】【席田氏】【山田氏】
    │
    ├種綱
【田尻氏】【亀崎氏】【木原氏】【山口氏】【納富氏】
    │
    ├種良
【別府氏】【或水氏】
    │
    ├種家
【岩門氏】
    │
    ├種綱
【岩門氏】【安永氏】【米生氏】【大屋野氏】【北郷氏】【湯江氏】
    │
    ├種久
【板井氏】
    │
    └種貞
【右馬氏】【海頭氏】【長島氏】【本砥氏】【天草氏】【亀川氏】

     


秋月氏の始祖「秋月種雄」が、秋月氏を名乗る以前の名前は「原田種雄」である。
秋月氏16代・秋月種実の頃、筑後国を支配していたのが蒲池氏(松浦党の一族)で、歌手「松田聖子」(本名:蒲池法子)の先祖であり、彼女の兄が現在の当主である。
蒲池氏は竜造寺氏(京都北野より肥前(現在の佐賀県)に下向)に滅ぼされるが、その竜造寺氏もまた、鍋島氏(後の佐賀藩・鍋島家)に乗っ取られて滅亡する。

=余談=
ジャパニーズ・ポップス・グループ「ZARD」のボーカル坂井泉水(さかい・いずみ)も久留米市の出身で、本名は蒲池幸子(かまち・さちこ)と言う。
出身地、苗字とも松田聖子と同じなので、彼女も蒲池氏の一族だと想われます。それにしても、蒲池氏はご先祖の徳(のり)姫以来、女性の方が活躍しますね。
註:蒲池氏一族滅亡の中で、只一人、生き残ったのが、蒲池鎮漣の娘「徳(のり)姫」である。
  未だ十代の若い乙女だった徳姫は、龍造寺軍の柳川城下での蒲池氏残党狩りの厚い包囲網を、少数の家臣と共に突破する。
  その後、長崎の有馬氏の元へ落ち延びる。この徳姫の母は、肥後国(熊本県)の菊池氏一族の赤星統家の娘とされている。
  美貌にして気丈な女性でもあった徳姫(松田聖子や坂井和泉を見れば納得!)は、その後、滅びた蒲池家を再興することになる。
  その後の蒲池家や現在の松田聖子は、この徳姫の子孫ということになる。
  徳姫は寛永9年に66歳で没し、蒲池氏の菩提寺「崇久寺」には、「見性院心空妙安大姉蒲池徳女」と記された自然石の碑が立っている。

本文

落城と復帰

 名峰・古処山(標高=859m)の懐に抱かれる静かな秋月の街は、藩政時代は黒田氏5万石の城下町であった。
 かっては、筑前国・夜須郡の中に含まれていたが、現在の行政区は甘木市大字秋月である。この情趣ある「秋月」の名をもつ秋月氏は、黒田氏入国以前の中世期、凡そ380年間、この地方を支配した有力国人領主であった。そして、秋月氏歴代の中で、最も勢威が有ったのが、16代・秋月種実の時代であり、豊臣秀吉の九州平定までの間、筑前・筑後・豊前にかけて11郡を領し、実勢石高・36万石という北九州最大の戦国大名であった。

秋月種実は天文14年(1545年)の生まれで、幼名を「黒帽子」といった。
弘治3年(1557年)種実が13歳の時、父・秋月文種は、当時・
秋月氏16代・秋月種実の支配地図