3億円事件

3億円事件のオートバイ
1968年(昭和43年)12月10日朝、東京・府中市内で、現金約3億円を積んだ現金輸送車が白バイ警官を装った男に車ごと奪われた。
写真は、事件当日、犯行に使われたオートバイを調べる捜査員。

 歳末警戒初日の1968年(昭和43年)12月10日朝、東京・府中市内で現金約3億円を積んだ日本信託銀行国分寺支店の現金輸送車が車ごと奪われた。東芝府中工場の従業員のボーナスを運ぶ途中の2億9430万7500円。白バイの警官を装った白ヘルメット、白バイ姿の若い男に奪われたもので、これほど多額の金が車ごと奪われたのは日本犯罪史上空前のこと。白昼の大胆不敵で、用意周到、犯行手口の巧妙さと合わせて長らく世間の注目を浴びる事件となった。

 犯行現場は人通りの少ない府中刑務所の高い塀沿いの道路。突然現れた白バイが停車を命じ「車に爆弾が仕掛けてあると連絡があったので調べる」と現金輸送車の4人を降ろしたあと、車の下を探すふりをしたうえ赤い発煙筒をたき、4人にさらに遠ざかるように命じ、男はすきをみて車に乗り込み逃走した。

 警視庁はパトカーなど約1000台を都内全域に配備、行方を追った結果、車は近くで発見されたが現金は持ち去られたあと。

 1年後別件で逮捕した男性はアリバイが成立、釈放されて捜査陣の大きなミスとなるなど、延べ17万人の捜査員を投入した捜査陣必死の努力のかいもなく、1975年12月公訴時効となり、1988年には民事面での時効も成立し、事件はついに犯人を逮捕できないまま、終止符が打たれた。