布鎌小学校の歴史

戻る

【本校】

明治 6年 創立 和田区浄清寺借用 通称東校。

明治 8年 布太区双林寺を校舎とする。

明治 9年 第26番中学校区代14番小学と改称。

明治15年 請方区現位置に西小学校新校舎落成。中等科を設置。

明治19年 東小学校において尋常科を設置 布鎌尋常小学校と称す。

明治22年 西校を布鎌尋常小学校と称し、東校を分校とする。

明治25年 高等科を併置し布鎌尋常高等小学校とする。東校は東尋常小学校と改称する。

明治32年 東校を分教場と改める。

明治35年 暴風雨のため尋常科全棟倒壊。

明治37年 新校舎設置。

大正11年 布鎌農業補修学校設置。

昭和16年 千葉県印旛郡布鎌村国民学校と改称する。

昭和22年 印旛郡布鎌村立布鎌小学校と改称する。

昭和24年 分校新校舎落成。

昭和30年 安食町と布鎌村が合併し栄町となり、栄町立布鎌小学校と改称する。

昭和41年 本校鉄筋校舎26教室完成。

昭和47年 体育館完成。

昭和49年 プール完成。

昭和50年 創立百周年記念式典挙行。

平成 2年 新校舎(鉄筋3階建)完成。運動場全面改修工事完成。

平成 6年 校舎南側墓地移転完了。(校地拡張)

平成 7年 プールサイド修理。

平成 9年 コンピュータルームを設置。

平成10年 暗渠排水路施設の伴う運動場全面改良工事完成。インターネット接続。ホームページ開設。

平成12年 東分校を廃校とし、本校に統合。

平成13年 三旗掲揚台を設置。

平成14年 屋外トイレを設置。

平成16年 特別支援学級(知的)設置。

平成18年 特別支援学級(情緒)設置。

平成21年 新体育館完成。

平成23年 東大地震研究所が地震計設置。

平成27年 体育館屋根にソーラーパネル設置。
           

児童数(平成2841日現在)

 

1年

2年

3年

4年

5年

6年

10

5

6

6

6

3

36

5

6

5

6

8

11

41

15

11

11

12

13

14

77

(家庭数)62

【分校】  

明治 6年 布鎌村和田地区浄正寺を仮用、一等校東小学校を創立
   19年 東小学校に尋常科を設置し、布鎌尋常小学校と称する
   22年 東校を分校とする
   25年 東校が独立し、東尋常小学校と称する
   34年 校舎新築
   40年 東校を廃止し、布鎌尋常高等小学校分教場とする
        (1学年ないし4学年の単級編成)
大正 2年 校舎増築
昭和23年 校舎改修
   24年 6年までの複式4学級とする
   30年 新校舎落成
   34年 1教室増築
   39年 給食コンテナ室完成
   50年 運動場拡張
   57年 職員室1教室増改築
        体育館倉庫新築
   61年 プレハブ特別教室増築
平成 4年 倉庫と飼育小屋を設置
        職員室に空調設備を設置
    9年 コンピュータルームを設置     
   12年 3月31日をもって廃校
        4月1日より本校と統合
       10月29日、東分校関係者が集い、 閉校式が行われる。